« 空船 | トップページ | 走窓 »

インビクタス/負けざる者たち

クリント・イーストウッドがまた新作を出したので観た。

また泣かせてくれるのかな、という期待。始まりは常に静か。映像はこれまでのように抑えた色合い。

最後、徐々に盛り上がり、引き込まれた。

ぼくの左隣の女性は、もう涙でグズグズになっているのが判る。右隣のわが妻は珍しく気配を消して見入っているようす。ぼくは涙腺が開くのをぐっと我慢。

これは南アフリカのネルソン・マンデラ大統領が、黒人政権によって新しい国家を立ち上げたときの本当のエピソードなのだそうだ。

いまだ白人と黒人が対立している政権樹立直後の南アフリカでラグビーのワールドカップが開催された。南アフリカ代表チームは、白人中心の誰が見ても勝てるとは思えない弱小チームだった。

そのチームの主将にマンデラ大統領は「自分たちの能力以上の力の発揮」を求める。困惑する主将に大統領は、それは可能だという。負けざるものは決してあきらめない。

映画後半は、ラグビーの試合中心に展開する。ぼくらはまるで、ワールドカップの会場にいるかのような気持ちになる。激しい試合展開に引き込まれていく。

ぼくのようなラグビーをまったく知らない人間でも画面に引き込まれていく。その戦いに涙が出る。

そのラグビーの試合を通して、対立していた南アフリカの全国民は互いに肩を組み大声援を送り始める。その姿に涙する。

すべてが終わり南アフリカが変わった瞬間をぼくたちは目撃する。それが史実であることに感動する。

前作と比較したら地味な映画ですが、イーストウッド、またやってくれたなあ、という感じです。

観終わってある種の爽やかさ。

エンドロールで歌われる「ジュピター」。アフリカンなリズムで良い。歌詞の翻訳も出ます。これも良い。

1002051
smc PENTAX DA21mm f3.2 AL Limited

当然ですが、写真と記事(映画)とは関係ありません。この日我が家からみた朝焼けです。

|

« 空船 | トップページ | 走窓 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インビクタス/負けざる者たち:

« 空船 | トップページ | 走窓 »