« 消空 | トップページ | 朝影 »

コーチ

先日の大阪国際女子マラソン。

前半、レースを牽引した赤羽選手は途中棄権。最後まで粘った小崎選手が3位に入った。

そのテレビ中継の最後、日本陸連の澤木専務理事がコメントし、こんなようなことを言った。

「赤羽は残念だった。小崎は良くがんばって日ごろの力をだした。結果はコーチの力量の差である」

大胆な発言だった。

ぼくは一瞬えっ?と思ったが、なるほどとも思った。

今回のレースの場合では、

 ・データの集積と解析に基づくレース設計
 ・レース当日のコンディションの客観的状態把握と決断

の差が結果に出たように思う。

コーチは、冷静に客観的に選手の状態を見極め、的確なレース設計と、最終的にはレースに出るかで無いかを決めなければならない。選手はどこかが痛かろうが辛かろうがレースには出て行きたいと考えるものだ。

その判断は選手と気持ちが同化してしまうと難しい。

どんな状態でもレースあるいは練習で走りきろうとする鬼はいても、長い目で状態を判断しレースとか練習を止めさせる鬼が必要なのだと、専務理事はコメントしたのかもしれない。


(写真と記事は関係ありません)

0903082
TAMRON AF18-250mm f3.5-6.3 LD ASPHERICAL MACRO

|

« 消空 | トップページ | 朝影 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コーチ:

« 消空 | トップページ | 朝影 »