« 謹賀新年 | トップページ | 飯菜 »

天晴れから雪路

中央道を経由して東京から愛知へ移動。

今日の渋滞予想では朝、相模湖付近から20キロとある。その渋滞の発生する前にと思い、家を6時前に出発した。順調に走り、談合坂で休憩。甲府盆地に入るころ陽が昇った。

富士山がきれいに見えた。

1001027
smc PENTAX M55mm f1.8

ずっと空はきれいに晴れ上がっていたが、八ヶ岳まで来ると雲が現れ、吹いてゆく風はどんどん冷たくなった。耳が痛くなった。

1001025
smc PENTAX M28mm f3.5

諏訪湖に来ると、遠くの美ヶ原がほんのり白く輝いていた。

東京はまったく雪の気配がなかったので、この地方の景色は冬のキリリとした雰囲気を感じることができて心地よかった。

1001026
smc PENTAX M28mm f3.5

それから中央道を南下し飯田方面に走っていくと、正面に見えてくる木曽山脈の峰には雪雲がかかっているのがわかった。

1001024
smc PENTAX M28mm f3.5

駒ケ岳SAには雪が残っており、子供たちが遊んでいた。

1001028
smc PENTAX M28mm f3.5

飯田から恵那山トンネルを抜けて岐阜県に入ると、空は灰色になり、粉雪が舞っていた。愛知のアパートの周りも雪が残っており驚いた。

中央道は目立った渋滞もなく、ぼくは適当にこんな写真を撮りながら、6時間ほどかけて戻ってきたのでありました。さて、仕事だ。

|

« 謹賀新年 | トップページ | 飯菜 »

コメント

>くーぺきゃんぱーさん

冬の空は難しいですね。空気感がなかなか描けない。どうかなあ、と思いつつ貼り付けてみました。

投稿: mIKE | 2010.01.03 22:17

美しい青空が印象的ですね。きりりとした冷たさが伝わってくるようです。
登りたい山のオンパレードです。

投稿: くーぺきゃんぱー | 2010.01.03 13:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天晴れから雪路:

« 謹賀新年 | トップページ | 飯菜 »