« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

大晦の陽

0912311
smc PENTAX M28mm f3.5

明日元旦、陸路、愛知に戻ろうと思いますが、愛知岐阜方面は雪とのこと。降っていますか?

そんなこんなを考えつつ、今年も終わります。また明日から仕事にまい進したいと思います。

それでは、みなさま良い年をお迎えください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ジャズナイト

立川にあるジェシー・ジェイムスというライブハウスで娘トモカが石井彰トリオに参加させていただきセッション。

0912301
smc PENTAX M 55mm f1.8

石井彰トリオのパフォーマンスが最高に良く、これが聴けただけで、この年末を飾るイベントになりました。テクニック、メロディライン、リズム。すばらしい。

そんなトリオに支えられ、わが娘トモカも自由に歌っておりました。やはり今年を締めくくることができるような出来だったかもしれません。詳細は こちら にアップされると思いますので、よろしければ見てやってください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

仕事納め

午後から待望の草刈。

草刈機をブイブイ回して会社周りの雑草、ススキ、蔓をなぎ倒し、石で草刈機の回転歯をギャインギャイン言わせながら、つい夢中に。

気がつけば夕方近く。そろそろ仕事納めをしますので、の声で作業終了。集めた雑草はまとめて廃棄。すっかりきれいになった外周を眺めて満足。

簡単な仕事納めの会を行って外に出れば、きれいな夕暮れ。

0912291
smc PENTAX DA21mm f3.2

さてさて、そのまま宴会場(うどん屋である)に直行。メインはちゃんこ鍋(うどんを放り込んでは食べ、締めは雑炊にするのである)。

0912292
smc PENTAX DA21mm f3.2

乾杯の一杯のビールの美味しいこと。さらに出てきたよ熱燗が。効く効く。一気に酔いが回ってしまったわたくしは座敷に腹ばい、仰向けで。みなさんがカラオケに興ずる様子を激写(残念ながら肖像権の関係で掲載できませんが)。

年に一度の忘年会の夜はにぎやかに過ぎていくのでありました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鳥影

今日の朝、雨。

午後になって少し青空がでてきた。

窓から見える雲が面白い形だったので、パチリと撮ってみた。

0912281
smc PENTAX M28mm f3.5

家に帰り、その写真を見ていたらなにかが写っている。よーく見たら。

こんなものが。少しコントラスト強めにしてありますが。(クリックで拡大)

0912282

シャッターを切ったときにはまったく気づかず。ファインダーでは見えなかった。

これだけ小さいと種類は判りません。しかしなにか嬉しい気分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

聖餐

友人宅で一日遅れのクリスマス。

手作りのベーコンにハム、七面鳥のロースト、どぶろく。

0912261
smc PENTAX M28mm f3.5

静かに始まった晩餐であったが、しまいには泥酔の様相を呈したのであった。

0912262
smc PENTAX M28mm f3.5

すでに年末の休みに入った人もたくさんいると思われますが、ぼくは29日まで勤務。来年は4日から開始であります。

29日は大掃除。手分けして勤務先内外の整理整頓清掃であります。ぼくは志願しての草刈り。なんとなく楽しみなのであります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

雨降り

今日は一日仕事だった。

夕方家路につく頃に雨が降っていたことに気がついた。今朝の寒さが消えてなくなり外気は妙に暖かかった。

先日降ったあの雪がちょっと懐かしい。

積もった雪はあたりの音を吸収し、いつもの騒音は消えてなくなる。ただでさえ慣れない雪道を走る車も少なくなる。

0912196
TAMRON AF18-250mm F3.5-6.3 LD ASPHERICAL MACRO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬至の朝

目が覚めて、ぼーっとしていたらちょうど東から陽が昇る直前だった。東の空が青から赤に移っていくところだ。

今日は冬至。日の出でを撮っておこうかと、連続で何回かシャッターを切ったが、まったく駄目駄目なものばかり。

やっぱり俺駄目だなあ、と少し落ち込んで、お茶をいれ、今日着ていくシャツをハンガーにかけておいたら、陽の光が部屋に差し込んできた。

0912221
smc PENTAX M 28mm f3.5

| | コメント (2) | トラックバック (0)

駐在さん

先の休日、近所にある交番から警察官がぼくのアパートにやってきて、名前、電話番号、緊急時連絡先などを尋ねていった。

昔(相当昔のことだ)は、ちょくちょく家に駐在の警察官がやってきて、住民台帳みたいなものに家族の名前なんかを書き込んで、あるいは以前と同じかどうかを確認していった。

ぼくがいまのアパートに住んでもう7年たった。しかし、これまで一度もやってきたことはなかった。もちろん東京のマンションにも来ることはない。今はあまりそういうことはしないもんだと思っていた。

いままで来られなかったですね、と聞いたところ、

「ええ、いつも昼間来てもいらっしゃらないので、どうしたもんかと。でも、夜には灯りが点いていましたので、誰かが居ることは判っておりました」

との答え。

夜回りをしたとき、この部屋に誰かが住んでいるということだけは確認はしていたわけだ。それで、休日のある日にとうとう訪れることにしたということだ。ご苦労なことだと思った。

ぼくは、こういうことは大切だと思っているので、質問にはすべて答えたのだが、ネットで調べると、どうやらみなさんの対応はまちまちのようですね。まず警察手帳を確認するとか。必要以上に答えないとか。贋警官を疑うこともあるとか。

昔ののんびりとした駐在さんと住民の関係というのは少なくなっているのかもしれませんが、ぼくは今回の駐在さんの訪問で少し安心した。万一火事とか犯罪がおきて身元を確認するようなことになったときでも、ぼくのことはいち早く判別されて連絡がいくかも…って?

0912195
TAMRON AF18-250mm F3.5-6.3 LD ASPHERICAL MACRO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪でした

いつもと違い、外がとても静かだったので窓をみたら、なにかがへばりついていた。予報どおり雪が降っていたのだ。

0912191
TAMRON AF18-250mm F3.5-6.3 LD ASPHERICAL MACRO

出窓から外を見たら、夜明けのあかりでぼんやりと桜の木が見えた。

0912192
TAMRON AF18-250mm F3.5-6.3 LD ASPHERICAL MACRO

空は分厚い雲に覆われ、風で雪がひゅうひゅうと飛んでいる。

青空が見えるようになったら子供が家から飛び出してきて、そこいらじゅうで雪だるまを作りはじめた。ぼくもそんな街を散歩した。

0912193
TAMRON AF18-250mm F3.5-6.3 LD ASPHERICAL MACRO

雪に埋もれた花はきれいです。

0912194
TAMRON AF18-250mm F3.5-6.3 LD ASPHERICAL MACRO

あまりに風が冷たくて、カメラを持つ指が冷たくなりすぎ、退散。今日はようやく年賀状を書き始めることができた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

何が見える?

0804201
smc PENTAX DA 18-55mm f3.5-5.6AL II

向こうになにが見える?とても美しい風景がありそうですね。

ぼくの使っているパソコン、一定時間放置しておくとスクリーンセーバーが動くようにしてある。ランダムに写真を表示するように設定しているので、時々、すっかり忘れていたものが現れてきたりして、ちょっとびっくりすることがある。

これもそう。

忘れていた画像が現れては消えていくのをぼんやり見ていると、とても気持ちが落ち着いたりします。撮った写真は基本的に自分の好きなものだけですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬枯れ

花も枯れてきました。

0912152
smc PENTAX DA21mm f3.2

寒い朝は気持ちよい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

流れ星は…

ふたご座流星群が流れているらしい。ベランダから東の空を見ていたら、ひとつ長い尾を引いて光ったので、それそれとカメラをセットし、東の空をじっと眺めていたのだが、もうまったくひとつも流れては来なかった。

0912142
smc PENTAX DA21mm f3.2

写真の真ん中あたりの白い線は星の軌跡です。流れ星ではありません。

東の方角に、街の灯に照らされた雲がゴンゴンと流れていく様は面白かった。ベランダに小一時間出ていただけですっかり冷えた。

こういうときは熱燗がいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イッポン

柔道グランドスラム東京の2日目に行ってきた。

選手の良い動きを撮りたいとファインダーをのぞくのだが、ついついファインダーの中で試合そのものに気がいってしまい、写真を撮るのを忘れてしまい、カメラが単なる望遠鏡になることが多かった。

なにせシャッターを押すのを忘れてしまうのだからだめなのです。シャッターを押すのがほんの何分の一か遅れただけで、その瞬間は撮れないのだから。

0912123
TAMRON AF18-250mm F3.5-6.3 LD ASPHERICAL MACRO

ファインダーをのぞきながら選手の動きを予測し、投げが出た瞬間に右手人差し指に力をいれる。一発勝負で決めたいのだけど、やはりほとんどだめでずいぶん写真をボツにしました。

0912121
TAMRON AF18-250mm F3.5-6.3 LD ASPHERICAL MACRO

これらは望遠端250mmで125分の1で撮っています。もっと長くて明るい単焦点がほしいところです。

0912125
TAMRON AF18-250mm F3.5-6.3 LD ASPHERICAL MACRO

さて、試合そのものは、90キロ級で小野選手が優勝を決めるなど、見所もたくさんあって面白かった。柔道の面白さは一瞬の技の切れ。それが出そうな選手とそうでない選手では動き、立ち姿がどことなく違う。

今日の小野選手は切れている、そんな雰囲気が出てました。

ぼくの大好きな井上康生選手の柔道はもう見られなくなって久しいのでありますが、今後も期待できそうな若手も何人かいて、やはり柔道を見るのは面白いと感じた一日でありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日曜日まで

日曜日まで、ブログ更新できません。

今週はバタバタしております。外へ遊びにいくこともできないし、そういえば自転車には相当長い間乗ってませんね。かの愛車BD-1は部屋の真ん中に鎮座しておりますが、すっかり埃が積もってます。

山用のザックもでかいの、小さいのがほったらかしになっており、カヌー用の防水バッグ3つはどこにいったか荷物の下。

テントもファミリー7人用からソロ用まで、タープも交じってずっとそこいらでドデっと横になっております。

そんな土曜日(12日)。東京体育館へ柔道グランドスラムを観に行ってきます。もしもよい写真が撮れたらアップします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

遠くにみえる

思いついて、職場の屋上にでてみたら、こんな風に景色が遠くに見えた。

09120721
smc PENTAX M 135mm f3.5

夕日が西に沈むのもきれいに見えたりすることは判っていたが、なかなかジャストのタイミングで屋上に出ることができず、ずっと忘れていた。いつか登って景色を写してみたいと思っていたのだけど。

今日たまたま退社するついでに三脚を担いで登ってみた。屋上は風が冷たく吹いて、さすがに暖冬とはいえ寒くて耳が痛くなった。

135mm望遠。高圧電線が邪魔だけど、名古屋駅周辺のビル群がきれいだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誰?

0912051


郷里の実家に戻った。途中、幼馴染が死んだ高速道路のパーキングエリアに行って手を合わせた。

普通実家に帰るときはちゃんとお土産などを買っていくものだが、こうちょくちょく帰る場合に持っていくものは「ゴミ」だったりする。ま、資源ゴミですけどね。今回はPETボトルと空き缶。あまり溜まるわけではないですが、迷惑な話です。

そんなゴミ持ってくる人はここにきちゃ嫌よ、と猫がぼくが読んでいる新聞紙にもぐりこんでくるのであります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ホットトマト

今年のトレンドはトマト鍋だそうです。

ぼくは、トマトジュースをホットで飲むのですが…?

0911307


ぼくの職場の食堂には喫茶コーナーがあり、ぼくは昼食のあと、これを飲みます。喫茶コーナーでは、ホットコーヒー、紅茶などが主たるメニューで、ほとんどの人はそちら方面をオーダーしますが、ぼくは特別にメニューにしてもらったこれであります。

これ、ホントに美味しいのですが、誰も真似しません。美味しいから、だまされたと思って飲んでみたらと、強引に誘っても頑なに拒否する人が多いのはどういうわけなんでしょうか。

世はトマト鍋にトレンドがようやく流れてきました。朗報であります。トマトを暖めて食べる、飲む、という文化が日本に根付くのを心より待ち望んでおります。

でも、なんでみんなこれ飲まないのだろう。美味しいですよ。だまされたと思って一度試してください。電子レンジで軽くチンすればいいですから。あまり熱くしすぎるのもだめです。レモンは不要です。好みで入れてみてください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

好きな条件

0911301
smc PENTAX M 55mm f1.8


先日撮った小菊。どうやらぼくはこういう構図が割と好きなようだ。

でも昨日の皇帝ダリアや、以前撮ったような青空に向かっていくコスモスのようなのも好きなんだな。ムダ処理が下手だけど。

風景だったら空が半分くらい入ってないと気に入らないし。色くっきり系が好きだし。

料理ものはドアップでないと撮った気がしないのに。腹減ってると撮るの忘れるし。

やたら縦の絵ばっかりで。横の絵だと水平でてないし。

だから100枚撮っても、人前に出せるのはごくわずか。もう少し上手にならないと、ボツにする絵が減らないなぁ。

最近、通勤途上で撮るのが増えて、あげくのはてにあやうく遅刻しそうになったりする。困ったもんだ。

で、こうして夜帰ってきて、撮ったものを見て愕然とするわけ。こんな風に撮ったはずじゃなかったと。

ま、そんなところです。ずっとこのままで行きますんでよろしくお付き合いの程。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダリア

0912022
smc PENTAX DA21mm f3.2

空間の歪にできた眼。なにかを探しているアンテナ。


0912024
smc PENTAX DA21mm f3.2

ぼくは、いつもの散歩道を歩く。カサリと枯葉の音がする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

空に国境はない

朝、通勤路を歩くのがひとつの楽しみとなって久しい。

最近はひたすら歩くというより、ブラリブラリと花をながめたり、神社に参拝したりして歩く。

浄土宗のお寺があり、門のところに今日の言葉が掲げてあって、それを読むのも楽しみである。

今日は

「道に迷って、道を知る」

深いです。

このお寺の言葉、いろいろありますが以前のもので印象に残っているのは

「這い上がるとき、何かをつかむ」

ううむ、これには感動しました。ぼくの数多い座右の銘のひとつにしてあります。

他に

「空に国境はない」

というのもありました。

0912013
smc PENTAX DA21mm f3.2

さて、今日は職場に会社の大先輩がおいでになったので、では食事でもどうですかとお誘いし、いつもの中華、岩倉天山に行った。

そろそろ70歳に近づこうという大先輩ではあるが、最近は自給自足の生活を目指して畑を耕し、専門知識を活かして某行政法人のお手伝いをし、暇な時間は青春18切符で旅をするという、そこいらの青二才(→ぼく)が裸足で逃げ出すような多忙多趣な日々をおくっておられます。参りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »