« 星雲 | トップページ | たらいうどん »

みんなで食べるとき

以前、わが一族郎党で食べたときの「ひきずり」。

0911152

ひきずりというのは名古屋地方での言い方で、鶏のすき焼きのことであります。なぜ、そういう言い方をするのか、諸説あるらしいのですが、ぼくが聞いたのは次の2説。

その一。鶏の肉をズリズリと鍋から引っ張りだして食べる様を見て「ひきずり」と命名した。

その二。主材料となる鶏を潰し、ズリズリと引きずってきて調理場でさばいた様を見て「ひきずり」と命名した。

どちらもありそうで、なさそうな。

さて、そんな話をしているうちに鍋は野菜の水気でグツグツ言い出し、肉の上にドサリとかけた上白砂糖がとろけ出し、醤油と混じって甘辛の良い匂いが立ち上がってくれば、さあ食べ時です。

とろとろに溶いた卵にからめて食べれば至福の時。これから良い季節になりました。みんなで食べるときは、やはり鍋ものがよかろうと思うのであります。

|

« 星雲 | トップページ | たらいうどん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みんなで食べるとき:

« 星雲 | トップページ | たらいうどん »