« 場所 | トップページ | 四季桜/犬山城 »

マイケル・ジャクソン THIS IS IT

ホントに良いものを観させてもらったというのが感想。

マイケル・ジャクソンのドキュメンタリー(といっても良いと思う)映画、マイケル・ジャクソン THIS IS IT を観てきた。

彼の最終ツアーのリハーサル映像なのだが、ステージを作り上げていくマイケルの素の姿が映し出されており、それがすごく良い。

映画を観たというのではく、質の良いステージをじっくり見てきたような気持ちだ。

ベーシストに、口伝えで弾き回しを伝えたり(そこだけでも一聴の価値あり)

キーボードのリズムをゆっくり噛んで含めるように指示したり(手の動きが実になまめかしい)

自分から「キューを出すから」とディレクターにサインの変更を求めたり、

ギタリスト(上手い!)に「ここが君の最高の場面なんだから」と高音のリードを求めていったり、

細部にわたって自分の求めるステージを実現しようとするマイケルの歌とダンスにぼくらは釘付けになる。

共演者はものすごく高い倍率のオーディションを潜り抜けてきた人たちばかりで、映画が始まってすぐ、そのパフォーマンスの高さに引き込まれる。

だから、この映画(ステージ)が始まるとすぐに「このまま終ってほしくない」という思いが生まれる。リズム、旋律、マイケルのボーカル。実に良い(こればっかりですね)。

終始ずっと魅入ってしまう。

最後にはマイケルが伝えたかったメッセージが、ステージ用の映像とともに流される。

ぼくたちは、彼がこの世にもういないことの現実と、大切ななにかを失ったことを知る。(クレジットが終っても決して席を立たないように。)

本当に良いステージでした。それが実現できなかったことが本当に惜しまれます。すべての人に観てもらいたい映画です。

|

« 場所 | トップページ | 四季桜/犬山城 »

コメント

>こけしさん

お久しぶりです。

ぼくが観たときは、封切り直後だったためか、映画館の入りも悪く、半分も客がおらず、非常に静かで、盛り上がるというような状況ではありませんでした。

東京方面の映画館なら、きっとコンサート会場並みに盛り上がっているのではないかと、考えたりしておりました。

テレビで録画した彼の別のステージの模様とか過去出されたDVDなどを観てみると、選曲、構成などは大体パターン化されていることがわかりますが、この最後のステージの壮大さはいままで無かったものではないでしょうか。

DVDが発売されますね。これでもう一度観たいと思います。

投稿: mIKE | 2009.12.12 06:24

私も観ました!


お久しぶりです。
素晴らしいドキュメンタリー。


観ながら、足が勝手に動いて今にも踊りだしたいくらいでした。
そんな私を尻目に周りの人達は普通に観てるんですよね、びっくりです。
日本人のセンスのなさにびっくりです。

投稿: こけし | 2009.12.11 21:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マイケル・ジャクソン THIS IS IT:

« 場所 | トップページ | 四季桜/犬山城 »