« 滋味の誘惑 | トップページ | 若者の街で焼肉 »

DA21mm入院

smc PENTAX DA21mm F3.2 が入院です。

このレンズ、ペンタックスの得意とする薄型パンケーキレンズで、デジタル専用に開発されたものです。シャープな写りが売りだということで、ぼくも昨年購入しこれまで使ってきました。

ただ、当初からなんとなくオートフォーカスでのピントが合わないような感じを持っていましたが、それはぼくの技術の至らなさだと思っておりました。

ところが、M28mmというマニュアルフォーカスのレンズを使って、やはりなにか変だなと思うようになったのです。

たとえばこの写真です。

0910109
smc PENTAX DA21mm f3.2 AL

f8、1/500 で撮っています。なんとなくシャープさに欠けます。とくに木々の葉のディテールが気に入らないのです。

M28mmですと、スコーンと抜けるような色と輪郭がでます。そのことに気づき、今日、新宿のペンタックスフォーラムに行って、ぼくとしてはおかしいと思うのでチェックをしてください、と依頼しました。

そして1時間後、診断は、「DA21mmは後ピン(ピントが後ろにずれること)。調整には工場送りで約2週間」というものでした。カメラ本体のピントずれはわずかであったそうです。

ちなみにレンズ調整料金は保証期間内なので無料。本体のセンサークリーニングもしてもらいました。こちらは1050円。

これまで、なんとなくおかしいと思ってきたことが、M28mmというマニュアルレンズを使ったことで明らかになりました。嬉しいような気持ちです。

2週間後、本来の実力をDA21mmが発揮してくれるのが待ち遠しいところです。

|

« 滋味の誘惑 | トップページ | 若者の街で焼肉 »

コメント

>ライダーさん
M28が無かったら、変だなあと思いつつ、DA21をずっと使っていたかもしれません。だから、今回はホント、助かった思いです。

投稿: mIKE | 2009.10.24 23:10

なるほど、そうでしたか。

 そうなんですよねぇ、バイクでも車でもそうですが、比較する物があって異常が分かるんですよねぇ。

投稿: ライダー | 2009.10.24 14:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DA21mm入院:

« 滋味の誘惑 | トップページ | 若者の街で焼肉 »