« 男と女の不都合な真実 | トップページ | ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 »

産業技術記念館

午前中、映画を観たぼくは、名古屋駅前にある名古屋ビルヂング地下にある「ボンベイ」でカレーを食べ、名鉄に乗り、一駅先の栄生駅で降りた。

栄生駅には「産業技術記念館」というものがある。別名トヨタテクノミュージアム。歩いてすぐだ。

09092602

赤レンガの建物に入っていくと、豊田佐吉が発明した自動織機からはじまり、ついには世界のトヨタの車作りまでの技術変遷が理解できるようになっている。

09092604

綿花から糸、そして機織、それが機械化される流れ。はじめて見聞きすることばかりだった。

09092606

機械好きなひとにはたまらないだろう。ちゃんと解説のために人が配置されており、じっくり話を聞くことができる。

自動車館には、初代クラウンや、カローラ、セリカなどの展示もあった。

たまたまこの日には、昔の蓄音機の実演もやっており、およそ70年前のSPレコードが、当時の大型蓄音機(もちろん電気は使わない)で再生され、聞き入った。

09092608

意外なほど大きな音がして、シャリシャリという雑音とともに聞こえてくるレトロな音が、懐かしいような新しいような面白い感覚だった。

09092609

昼過ぎから入って、閉館の5時まであっという間だった。興味のあるかたは是非行ってみてください。ちなみに蓄音機の展示は明日(9月27日)まで。

|

« 男と女の不都合な真実 | トップページ | ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 産業技術記念館:

« 男と女の不都合な真実 | トップページ | ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 »