« 産業技術記念館 | トップページ | 最終戦 »

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破をようやく観た。

新劇場版と銘打ったシリーズの2作目。これまでのシリーズを再構成した新作となっている。

だから、ここからエヴァを見始めても、問題ない。観たことの無い人は今回是非観てください。入っていけます。

TV版、劇場版、そして新劇場版:序、と見てきた者は、もともとエヴァンゲリヲンの基本をなすディテイルがある部分そのまま再利用されていたり、真逆に転用されているのが判って、笑えるし、より深い理解を得ることができる。

ようやく登場してきたアスカ・ラングレーの苗字がこれまでとは違うものとなっていることを物語序盤で知らしめることで、再構築の意図を明確にしている。え?と思うし、なるほど再構築してきたか、とぼくたちは認識する。だから、観客はこころの準備をして、以後の展開を見守ることができるわけだ。

エヴァに関していろいろなことを語ろうとしても、物語が深すぎ、謎解きが難しいために無理。

だがこの「破」は面白い。これまで持っていた意図的な衝撃性・観客への裏切り、みたいなものはないし、ストーリーがソフトになって判りやすくなっている分、娯楽性が増した。謎も増えた。

一方、絵作りはますます緻密になり、迫力が増し、たぶん現在のアニメの最高峰と思える出来。ぼくのようないい年をしたオヤジでも、結構面白がっているわけですから、その観客のすそ野は広いと思われる。

次作「Q」を待とう。その前にもう一回「破」を見ても良いかな。

|

« 産業技術記念館 | トップページ | 最終戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破:

« 産業技術記念館 | トップページ | 最終戦 »