« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

時間

先月逝った友の四十九日法要。

ああ、もうそんなに経ってしまったのかと思った。奥さんはいまだに泣いてばかりいるということだった。

090429

家には祭壇があり、季節の花が飾られ、ぼくが撮った遺影とともにそのとき撮った他の写真もおいてあった。ぼくと友人達とでその写真を全部、花に飾りつけ奥さんとともにあのときを懐かしんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木曽川

中学一年の同級生達が当時担任だった先生を囲んでちょっと一杯やろうという話になり、実に中学卒業以来38年ぶりに当時の同級生達と先生に再会したのであった。

当然昔懐かしい話になるのだろうなあと思っていたのだが、今の政局とか景気とか、今なにして遊んでいるか、というような話中心にやたら盛り上がった。

同級生といっても、電話すればすぐに集まれるような近場にいる男連中ばかりだったので、安い居酒屋での集まりだったが、気を使うわけでなく、あっという間に夜更けになってしまった。

最近は、同級会や同窓会が開かれると、必ずといっていいほど次の開催が自然に予定されるようになってきている。

人生も半ばを越えてくるあたりになると、昔の友だちに会うことがこのうえもなく大切なことに思えるようになり、だんだんこういった集まりの回数が増えてくるようだ。

さて、昨夜良い調子で飲みすぎて若干二日酔いの身体で、春の木曽川を眺めにいった。

0904191

川岸は新緑の若い色に染まっており、川の水は緑に輝きゆったりと流れ、陽の光をキラキラと反射している。

0904192
K200D + PENTAX smc DA21mm F3.2AL Limited

耳をすませば、うぐいすの鳴き声が聞こえてきて、ずっとこの景色を眺めていたかったが、日差しが強すぎて降参。ただでさえ太陽光を吸収しやすいぼくの顔はもうマッカッカ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

レッドクリフ パート2

日曜日、10日に公開になったレッドクリフ2を観て来た。

それぞれのリーダーの考え方の違いがパート1より鮮明になり面白い。曹操(さらに完全なる悪役)は欲得と疑念、劉備(さらに気の良いおじさん風)は仁義の貫徹、周瑜(あいかわらず渋い)は正義と団結。結局は少数であっても軍隊を信義でまとめあげた周瑜の勝ちとなる。

しかし、周瑜が最後につぶやくように、この戦いで勝ち残ったものはいない。壮大な戦闘シーンのあと、茫漠とした戦場にあるのは累々とした戦死者だけ。闘うことの空しさがうまく表現できているな、と思った。

孫権の妹、尚香が良いポイントになっている。パート1のラストシーンで、白い鳩を孔明が飛ばすが、その行き先は曹操軍に忍び込んだ尚香の元。パート2はそこから始まる。

で、尚香。潜伏している間に、敵軍のとても気の良い兵士と友情を育むが、結局彼は尚香の腕の中で戦死する。この戦いの空しさを象徴しているシーンだと思った。

結局、この映画は「争い闘うことの空しさ」を赤壁の戦いの場を使って描いているように思う。エンドロールが流れ始めると、人間は昔も今も本当に馬鹿馬鹿しいことを繰り返しているのだろうなあ、というような気持ちになるから不思議だ。

昔読んだ三国志。また読み返してみようか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また夜サクラ

岩倉の桜まつり。
夜ライトアップされるのは今夜まで、ということだった。

それで、頑張ってたくさん撮ってみたけど、ダメでした。
いいのはほとんど無い。ホントに難しいことを痛感。

0904072
K200D + PENTAX smc DA21mm F3.2AL Limited

ちょっとだけ夜桜向きの露出がわかったけど、やはり三脚がないとダメなこともわかった。

090407
K200D + PENTAX smc FA50mm F1.4

そして、今のぼくの腕では、夜桜を見た目通りに撮れないこともわかった。なんとか自分の意思が反映できたのが、この2枚だけ。がっくり。来年にはもっと良い写真が撮れるように頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サクラ咲く

今日は風もなく、いよいよ桜も満開となってきています。

0904055

今日も五条川は桜まつりで、日中から多くの人でにぎわっておりました。夜桜の取材でしょう、上空にはテレビ局のものと思われるヘリコプターが旋回しておりました。

0904056

ぼくは、夜桜見物に行こうかどうしようか迷いましたが、結局気持ちがそっちに向かず、家に帰り缶ビールを飲んでおりました。

0904057
K200D + PENTAX smc FA50mm F1.4

明日は、夜桜を見に行ってこようかなあ。ライトアップを写して見たい気持ちもあるし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岩倉桜まつり

今年も岩倉の桜まつりが行われている。

例年4月1日から10日のあいだ、市内を流れる五条川の両岸は多くの人でにぎわう。

今日は、いつもに増して人が多かった。ぼくは今年で7回目の桜まつりだが、今日ほど人が多い年はなかった気がする。

0904051

狭い畔は人が一杯で、歩くのにも苦労するほどだった。

0904052

肝心の桜はこの寒さでひまひとつ精彩が無いような気がする。

0904053

久しぶりに屋外に出たので顔が日焼けでいたくなってきた。

0904054

K200D + pentax FA50mmF1.4

家に戻って冷酒を少しと、干物を焼いて、撮ってきた写真を見ながら花見を続けた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜サクラ

職場の若いモンが、周到に準備して夜サクラの花見会が催された。ちなみに会費2000円。

0904031
K200D + PENTAX smc DA21mm F3.2AL Limited

敷地の縁にあるサクラの下に宴が用意され、(こうして見ると、すでに葉がでていて花が少なく、ヘンなサクラの木だけど)

0904032
K200D + PENTAX smc DA21mm F3.2AL Limited

肉だ、野菜だ、焼きそばだと、炭火で焼いて食べるのはとても美味しく。ビールと酒で最高潮。だれもサクラを愛でてなかったような気がする。

今日は、これまでの寒さが一気に引いて、とても過ごしやすくて。

ますます、飲みすぎました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モクレン

寒いです。

今日、会社の前の道でツーリング自転車と軽自動車の衝突事故がありました。サイクリストが激しく飛ばされ、ぼくが見たときは意識はまったくなさそうでした。すぐに救急車が来て搬送していきましたが、どうなったか心配です。

サイクリストは、ぼくがいつも歩く桜の土手道を自転車でやってきて、出会い頭の事故にあったようです。ツーリングの途中だったのでしょうか、自転車には荷物がくくりつけてありました。軽自動車の大きく割れたフロントガラスがその衝撃を物語っておりました。

きれいな桜の道を抜けて事故では、なんとも悲しい。

090402

近くの公園に木蓮の木があって、もう朽ちかけていた。この花を撮るのは難しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »