« 誰も守ってくれない | トップページ | 女城主の蔵開き »

突然

2週間ほど前、ある知人と会う約束をした。

久しぶりですからゆっくり話がしたいですね。そんな声が聞こえた。

そして約束の日、今日。約束の時間は午後2時。

知人の会社からの連絡を受け、ぼくは指定された場所に行った。午後1時半。

彼は眠っていた。棺の中で。

突然の死だった。本人も気がつかないまま天国に行ってしまったような。

人間ドッグでも異常は指摘されていなかったということだった。しかし体内の時限爆弾は突然爆発し動脈壁を破壊した。あっという間の出来事だったそうだ。

皆あっけにとられてなにがなんだか判らないという状況の中、葬祭は淡々と進んだ。

ホールに響く賛美歌と神父の声が穏やかだった。

|

« 誰も守ってくれない | トップページ | 女城主の蔵開き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 突然:

« 誰も守ってくれない | トップページ | 女城主の蔵開き »