« 新年の始め | トップページ | チェ、28歳の革命 »

十日ゑびす市

わが故郷の町では、1月10日は十日市の日といって、市内にある西宮神社(通称ゑびす神社)の市がたつ。ぼくの子供の頃からずっと続いている。

昔は、お年玉はこのお祭りまでずっと使わずにいて、いよいよこの日になったら、お菓子やおもちゃをずらーっと並んだ出店で買うのが、本当に待ち遠しくて楽しい夢のようなことだった。

0901101

久しぶりにこのお祭りに来た。ずらりとならぶ出店・屋台の数は昔のままだったが、内容はずいぶん変わった。ほとんどが食べ物屋になってしまっている。

0901102

それでも主役はやっぱり子供で、輪投げや、的当て、今は鮫釣りなんてのもある。そういうところは子供でにぎわしく、ぼくは自分の子供の頃を写して見ることができた。

0901103

おもちゃも現代風になっているが、こちらを向いて子供心を揺さぶる風情は変わらない。

0901104

食べものもたくさん種類があって、こちらも良く見ていると面白い。

0901105

イカ足のでかいのや、

0901106

お好み焼きなんてのは、ついつい買ってしまうものの筆頭に属するわけなのよね。

0901107


|

« 新年の始め | トップページ | チェ、28歳の革命 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 十日ゑびす市:

« 新年の始め | トップページ | チェ、28歳の革命 »