« 大分、柞原八幡宮 | トップページ | 西方の人(6) »

レッドクリフ

映画『レッドクリフ』を見た。

いつものように夫婦割引を使った。

2時間強の長さだが、飽きずに見れてしまう。戦闘シーンが長くたくさん出てくるが、日本の合戦の様子とは少し様相が異なり、古代中国の戦の仔細を眺めているだけで面白い。

善悪の設定がはっきりしている。

三国志の曹操はぼくの中では英雄で居丈夫である。だが映画の中で曹操は悪で、劉備、孫権連合軍が善と色づけられている。それはそれで判りやすくていい。

孫権軍の司令官周瑜を演じるトニー・レオンが引き締まった良い味を出している。諸葛孔明役の金城武もそれなりにいい。

劉備側の、趙雲、龍飛、関羽は俳優も中々よくて、実際こういう豪傑達だったのかなあと思わせてくれるほど雰囲気が良く出ている。

終わりのクレジット最後に第二部の予告編が上映されるが、いよいよ赤壁の戦いクライマックスが来ると思うと、早く見たいという気にさせる。

映画を見終わって外にでてきたら、空がきれいだった。夕焼けがやたらきれいで、西に富士山が良く見えた。

0185
softbank PHOTOS 920SC

|

« 大分、柞原八幡宮 | トップページ | 西方の人(6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レッドクリフ:

« 大分、柞原八幡宮 | トップページ | 西方の人(6) »