« 最後には | トップページ | 西方の人(3) »

イーグル・アイ

今日もいつもの土曜日と同じ。わが妻かおりさんと映画。イーグル・アイ。

スティーブン・スピルバーグのプロデュースによる映画ということでもあり、早速観た。

設定は、よくあるパターンかも。

主人公二人が理由もわからず当局の敵となってしまい、大きなトラブルに巻き込まれていく。で、逃げるのだが、それには隠された目的がある。その目的とはなにか。

誰が味方で誰が敵か。携帯電話を操るのは誰か。

そんなところが次第次第にわかってくるところがスリリング。

でも、ボーン・アイデンティティのような怖さは無い。そこはスピルバーグっぽいかも。

特撮やCGは最低限に抑えてあり、カーチェイス、激突シーンもオーソドックスながら見ごたえあるが、全体にサラリと流れる印象。

これ観ていて自分の携帯電話が突然わけもわからない指示を出し始めたらどうしようか、そんなことを考えつつ。映画を見終わってから電源を入れなおした。

|

« 最後には | トップページ | 西方の人(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イーグル・アイ:

« 最後には | トップページ | 西方の人(3) »