« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

暑さを逃れて御嶽山

連日のこの東海地方の暑さといったらない。ほぼずっと37℃を越えている。昨日はついに多治見で39℃となった。9度の熱が出たらたいていの人は寝込んでしまいまんねん(そういう問題じゃないって)。

ということで、昨日はこの暑さから逃れたくて、このところ毎年夏になると登る御嶽山に急遽登った。

出発点である田の原についた時間が遅かったので、駐車場はおよそ満杯だった。下から見ると山頂は雲に覆われ「冒険ガボテン島」(知っている人は知っている)みたいになっていた。

登り初めて今日はなかなか体調が良いことに気が付いた。いつもならバテ始める場所を通過し、金剛童子に到着。

0807261

シャツを触ると、絞れるくらいに汗でビショビショになっているが不思議と苦しくない。水補給をしてすぐに歩き始めた。今日はさすがに人が多く、マイペースで騒がしい人達もいて(いいかげんにしてください!とココロで叫びつつ)登山道は渋滞することもあったが、山頂に到着。

奥の院で祈念の手拭いと御守りを買い、すぐに御鉢廻りの旅に出る。御鉢廻り(火口の外輪山を歩くこと)に出る人はほとんど居ないので、山頂までの賑やかさから開放される。途中、険悪なキレットもあったりして楽しく回れる道だ。

0807262

山頂のちょうど反対側に回り込むと、頂上がよく見える。人々の騒々しい声もはっきり聞こえてくる。

0807263

御鉢を下っていくと二の池が見えてくる。雪解け水によってできた池である。ぼくの場合、ここの水辺でコーヒーを入れて飲むのが楽しみで御嶽山に登るようなものだ。静かで涼しい天国のようなところだ。

0807264

水辺でコーヒーを飲み、どら焼きをひとつ食べた。水はコバルト色に波打ち、雪渓は白い冷気を湖面に押し流している。そういえば、白い花がチラホラと咲いている。高山植物にはまことに疎いぼくでも判る、チングルマだ(と思うけど)。

0807265

高山の楽園を後にして、またメインの登山道に戻った。喧噪。登山で喧噪に合うことほど残念なことはない。マナーの悪さにがっかりする。中高年の登山ブームも良いけど、せめて登りの人には道を譲ろうよ。それは最低のマナーだと思うけど(と、集団でやってくる中高年登山愛好会風の人達に言いたい)。

気持ちよいこともある、そうでないこともある。でも振り返ると山、そして雲。ぼくはまたここへ来たくなってしまうのだった。

0807266

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北京五輪チケット、来る

ついに本物のチケットが郵送されてきました。

080721

厚手の厚紙を使用し、左側に各種目を示す象形文字のようなデザインが印刷してある。右側には予約内容を示す数字が印刷されている。

右下の円マークは角度を変えると七色に変化するホログラフになっている。偽造を防ぐための特殊印刷は表にも裏にもある。

一緒に送られてきた書類には次のような注意事項が書いてあった。

・入場券の転売はできません
・政治的、宗教的、商業的活動には利用できません
・いかなる場合での入場券の再発行、競技中止以外での入場券の払い戻しはできません
・中国当局の指示により、会場内への壊れやすい物、横断幕、スーツケースのような大きなもの、その他競技進行を妨害する恐れのある一切の行為は禁止されています
・(中略)
・公共交通機関(バス、地下鉄(都心のみ))は、入場券に記載されている日付に限り、無料にてご乗車が可能です(条件が変更になる場合もございます)
・(後略)

交通機関が無料になるってのが良いですね。

さて、ぼくは宿の手配も完了し、飛行機のチケットも押さえました。後は行くのみ。行って見るのみなのですが、果たして無事行けて見て来られるか。会場に行ったは良いけれど、ぼくらの座るべき場所が無いとか、ダブルブッキングされているとか、そういうのは勘弁してほしいのですけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ホームページその後

ホームページ『mIKEのアウトドア雑記帳』が消失してしまったのは、ホームページ管理会社で事故(詳細は不明)が発生し、Webサーバーに甚大な被害が発生したから、だそうです。

管理会社からの連絡によれば、工事業者のミスが原因でサーバーが損なわれるようなことが起きたということです。従って、すべての設定が消えうせ、Webのコンテンツも消失した模様です。

現在、サーバーのデータ復旧作業をすすめているらしいのですが、物理的にサーバーに損傷がある場合、どこまでリカバーできるか、ぼくの経験からすると難しいですね。デジタルテープなどによるデータバックアップがあれば、すぐに可能なんですが。

どのような事故が起きたのか詳細は不明ですが、ぼくのような個人のページはまだしも、企業活動に利用している法人などの場合、そうとうな損害が出たかもしれません。

ぼくのような個人には損失補償などの話はまったくありませんが、ひょっとすると相当問題になっているかもしれませんね。

Webのコンテンツは自分のところにバックアップがありますので、時間をかけて復旧は可能ですが、管理会社がなんとかすべきところでありますね。その連絡を待っているのですがどうなんでしょうか。

ひとまず、「放電生活連絡版」のコーナーのみ復旧しました。過去10年分のデータも見られるようになっております。当時は「三文日記」そして「徒歩ホ日記」その後ブログ「放電生活連絡版」と、3回ほどタイトルと内容を変化させながら書き続けていたものですが、もう10年経ってしまいました。

「テント生活」の内容は10年以上前のものもありますから、なんだか感無量な感じです。もう、そんなになったのかと。しかもまだ完全にWeb化できていないものもありますからね(最近はほとんど更新できてませんが)。

ここは静かに復旧を待つことにします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ホームページ消失

理由はよくわかりませんが、昨日、私のホームページ『mIKEのアウトドア雑記帳』がすべて消失してしまいました。

最近は、この連絡版も含め、ほとんど更新できていないので、実害はあまりないのですが、けっこう昔からやってましたので、中身だけはたくさんあり、いまでも新規の人が日に何人も訪れてくださっていただけに、やや残念ですね。

原因調査をサーバー管理会社に依頼しました。復旧は未定。

ただ、世の中の変化のスピードは速く、一世代前のこうしたホームページをいつまでも引きずることはないようにも思うことがあります。

今の世の中はSNSだったり、ブログだったりしますからね。

だから、ここいらで過去とは決別し、なにか新たに開始してもいいかな、と思ったりしております。ただ、そういう時間が無いので難しいですが。

あと何年か後に、あらたな出発をするかもしれません。

それまでは、ここで、時々思い出したようなコメントを出すだけかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »