« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

井上康生選手、最後の戦い

全日本柔道選手権大会にいった。場所は日本武道館。

今回は指定席券を入手することができなかった。前売り券は自由席を残してすべて発売初日に売り切れたため、今回はやむなく2階自由席である。早く行って良い席を取る必要がある。

なわけで、ぼくとわが妻かおりさんは9時には武道館に到着し、自由席入り口に並んだ。すでに200人くらいの行列である。

9時45分頃、開門となりぼくは一目散に2階最前列を確保した。良い席が取れた。

席に座ってふと試合場を見ると、ジャージ姿の井上康生選手が青畳の上にいた。珍しいことである。普段の彼はあまり試合前に姿を見せたことはない。場内の観客はあまり気づいていないようである。

0804291

康生選手は、青畳に上がると、いつくしむように畳をさすり、寝転んだ。寝転んだまま畳の声を聞いているのか、また、はるかな高みにある武道館の天井を見つめているのか、しばらく動かなかった。

0804292

この姿をみて、ぼくは、康生選手がなにか特別な覚悟を決めに来たのではないかと思った。

開会式が終わり、第一回戦、第二回戦と試合は進んだ。他ライバル達も順調に勝ち進んだ。一回戦はシードとなった康生選手は2回戦から登場した。逃げ腰の相手に対し(ほとんど相手にならないのだが)結構苦戦。それでも優勢勝ちとなり、三回戦に進んだ。

三回戦は綺麗な一本勝ちだった。今日は調子がよいのではないかと思った。表情もなにかいつもと違う。試合を楽しんでいるような感じがした。

康生選手が負けるときは、なにかいつも迷っているというか、試合場におもむくそのときまで、なにか考え事をしているような顔をしているのだが、九州で行われた体重別選手権大会のときから、そういう迷いのような表情がなくなったように思う。

そして4回戦。相手は100キロ超級のライバルの一人、高井選手である。彼には最近は一勝一敗。さてどうなるか。

試合開始。にらみ合い。康生選手にまず警告。次第に良くなる動き。連続で打ち出される技。しかし、ここひとつというところで決まらない。場内は康生コールが鳴り響く。続いて高井選手にも警告。これで五分。前に出る康生選手。残り1分を切る。このまま押し切れば優勢は康生選手。だれもがそう思った。

0804293

その後も立て続けに攻める康生選手。

しかし、もはや時間がない。康生選手のかけた内股がはずれ崩れる二人。技ありは高井選手。一瞬動きが止まったのが康生選手。そのほんのわずかな隙に高井選手が押さえ込みに入る。完全にきまった。動かない康生選手。

0804294

押さえ込まれた康生選手は、武道館の底から、はからずも試合前にしていたように身動きせず、天井を見つめていた。

25秒経ち、合わせ技が決まって、一本のコール。

高井選手の下から這い出た康生選手は、顔をゴシゴシと両手でしごいた。涙を隠したのか。

武道館に響いていた絶叫が止み、大きな拍手となった。試合を終えた康生選手は畳を降りるとき、いつもより長くじっと畳に頭を下げた。さようなら、と伝えていたのかもしれない。また来るよと言っていたのかもしれない。

0804295

そして控え室に消えていった。

康生選手は負けた。しかも一本負けだ。高井選手の身体が身に押しかかってきたとき、ついに彼のその胸に刃が刺さったのだと思う。いままで、国内では優勢負けこそあれど、一本負けはなかった(と思う)。それだけに、煮え切らない思いが、ぼくらにもあった。

今日、それが晴れた。はっきりとした負けの宣告を受け、なにかさっぱりした。見ていたぼくらもそんな感じを持った。悲しいけれど嬉しい、そんな気持ちだった。

表彰式が始まる前、康生選手はいろいろな人に挨拶をしていた。横綱朝青龍関とも握手していた。負けた康生選手をみなが祝福しているように感じた。優勝した石井選手が気の毒になるほど、表彰式が終わってからも康生選手への声援が熱く続いた。

0804296

康生選手の闘う姿を、もう一度見たい。その願いは、たぶんもうかなわない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜の藤

夜の藤といっても、藤圭子ではない。

灯ともし頃に藤の花を見にいったのである。

0804231

川の上に棚が張り出しており、長く垂れたツル(花序)に小さな花弁が鈴なりに咲いている。

なんでも、このように花序を長くするには日頃の手入れが必要なのだそうだ。
そういえば、うちの近くの団地の中にある藤棚の藤は、ぼっちゃりして、それはそれで可愛いいところもあるが、美しいという表現からは遠い形容ではある。

楚々とした美しさを保つ秘訣は、花でも、…でも、日頃のお手入れなのですね。

0804232

ここでは、花の下から青や黄の照明を、割と不自然に当てているのでありましたが、風に揺れる花は、非自然的な色合いに照らされて、玄妙な雰囲気をかもし出して、それはそれで美しかったのであります。

0804233

この後、熱燗、少々飲みましたとさ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

渡り蟹のパスタ

久しぶりにKAN。若い友人の一人が勤めていた会社を辞めて、次の道を探すというので送別会だ。

今回は海の幸中心にオーダー。

渡り蟹は身が甘くて美味しかった。

0804221

最近は自分でもあまりパスタを茹でたりしなくなっていたので、久しぶりのアルデンテな麺に拳を握る。

オコゼは頭をから揚げにして(口でレモンをくわえているのが頭)、身は軽く茹でてマリネにしてある。

0804223

本当は真鯛のポアレが好きなのだが、今回は仕入れてないとのことだった。目の前に並べられた魚のうちからオコゼをチョイスし、あとはお任せで。

ぼくの大好きなアサリのリゾットもいただいた。

0804222

アサリのエキスが白米にしみこんでいるので、すべてが美味しくいただける。皿を舐めてしまいたいくらいだ。

友人の前途を思いつつ、ぼくは白ワインを飲みすぎた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊吹の蕎麦

0804205

昨日、伊吹山から下りて、蕎麦を食べた。

なんでも、この伊吹地方が蕎麦発祥の地だとかで。これは行くしかありません。

登山口からすぐ近くにある、とても有名なお蕎麦屋さんにいってみました。日曜日ということもあって、入り口の前には入店待ちの行列ができておりました。20人はいますでしょうか。

辛抱のきかないぼくのことなので、早々に諦めて別の蕎麦屋さんを探そうかとも思いましたが、みていると意外に回転が早そうなので、列の最後に並ぶことに。

案の定、15分くらいで入ることができ、ぼくは大きな店の隅っこにあるテーブルに通されます。

ここは大根おろしをそえた「おろしそば」が有名なんだそうですが、ぶっかけ系ではなくて、蕎麦の味をちゃんと確かめられるように、ぼくはざる蕎麦の大盛りを注文。それが写真の一品であります。

デン!と山盛りになった蕎麦がこちらのやる気を引き出してくれます。海苔は余計ですが、そんなことはいいでしょう。蕎麦湯がすでにスタンバイ状態になっているのも、さりげないサービス精神でしょうか。

いよいよ期待をもって食べてみました。

……。味。普通です。蕎麦の香り、あるようなないような。

つゆ。つかみきれない味であります。藪系のあのガツンとくる返しの深みとか、鯖節のコクとか。今は遠くなってしまった江戸前のあの味が懐かしく思い出されます。

例えれば、これはごくごく普通にスーパーなどで売っている乾麺を茹でて、これまた市販のそばつゆで食べているかのような錯覚に陥る、というか…。よく言えば、家庭の味といえますか。

半分食べたくらいで、あとは義務感のようなものを感じつつ、ぼくは黙々と頂戴いたしました。

期待の蕎麦湯は、サラリとした白湯系のものでありました。すべて頂戴いたしました。

頭を垂れつつ、お店を出ましたが、おそらく、この近くをもっとよく探せば元祖日本の蕎麦の味、というような逸品があるのでしょう。こんどはそれを探してみます。気力があれば。

それにしても、あの行列はなんだったのでありましょうか。

ここのお蕎麦をああして食べにこられる人たちがたくさんいるということは、ここはやはり並んでも食べる価値があるのです。そうに違いありません。たまたまぼくにはそれが判らなかったただけでしょう。それとも、人は人の列に列を成すの典型であったのでありましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊吹山へ

春の伊吹山にいってきた。

天気はとてもよく、風も気持ちよかった。

いつものようにゼロ合目から出発する。気温が低いので汗はほとんどかかない。八合目までは順調に歩いてきたが、そのあと最後のひと登りで、足にチカラがはいらなくなった。足の筋肉が酸欠をおこしている。ううむ、やはりトレーニング不足。

0804201

結局、去年の夏のタイムより若干遅れて頂上に立った。御嶽山が綺麗に見えた。

0804203

頂上は、いつものような車でやってきているハイカーは少なく、静かだった。これくらいいつも静かだといい。山小屋も営業したばかりという雰囲気。

0804204

しばらく頂上のベンチで景色を眺め、いつものようにコーヒーを煎れ、飲んだ。美味かった。

そのうち雲がどんどん湧き出てきて、山はすっかり雲に包まれた。

0804202


| | コメント (0) | トラックバック (0)

胡蝶蘭は裏側もきれいだった

今年もよく咲いた胡蝶蘭。

裏側だけが薄ピンクに色づいており、その感じは、おしとやかで、そこはかとなく綺麗だ。(咲き始めの様子はこちら

080410


| | コメント (0) | トラックバック (0)

博多で、かろのうろん

体重別選手権大会の翌日、飛行機を待つ時間の間、少しだけ博多の街を歩いた。むろん、かろのうろんで、ゴボ天うろんを食べるのが目的でもある。

櫛田神社にお参りした。博多山笠の聖地ときいた。

0804071

おおきな山車(飾り山)が展示してあり、人形がぼくらを見下ろす。

境内には鬱金(うこん)桜が咲いており、雨上がりの空に映えていた。

0804074_2

歩いてすぐの「かろのうろん」に入った。まだお昼には少し早いので、客はぼくだけだった。

0804073

腰のあるようなないような弾力のある麺と、カリリと揚がったゴボ天。そこにテーブルの上にドデンと置いてある刻みネギを好きなだけ投入し、一味をパラリと振りかけて食べる。

美味いなあ。

昨夜は試合が終わってからホテル近くのうどん屋で、一人、生ビールで乾杯した。ホテルに戻ったらサービスで生ビールをくれた。で、少々飲み過ぎた。そんな身に優しくしみるダシの味。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

全日本柔道体重別選手権

博多に行った。

全日本選抜柔道体重別選手権大会を見るためだ。背水の陣である井上康生選手の出る100キロ超級の試合の行方を見届けたいからだ。

0804062

今回の選手権は2日に分けて行われた。ぼくは6日の朝、名古屋から飛行機で博多に渡った。昼飯を博多天神のラーメン屋で食べ、バスで国際センターに移動した。

午後1時半の開場と同時に列をなした観衆が開場に入っていった。

選手の所属する企業の応援団が大挙して陣地を確保している。康生選手の所属するALSOK応援団のところには、康生選手の奥さんもいたようで常にファンが集まってきていた。

さて、試合である。一回戦の康生選手。固い。ぼくはカメラを構えながら、「もっと出ろ、前だ、前、前に出ろ」と独り言。最初は固かった。相手は一回りでかい立山選手。悩んでるふうではあったがだんだん康生選手の動きも良くなり、優勢勝ちとなった。すっきりしない勝ちではあったが、今日は調子がいいなあ、と思った。前に出るようになったからだ。

2試合目が重要なところだ。相手は現在のチャンピオン棟田選手である。動かなかったら負ける。そんなことを思いつつ試合会場のすべての人達が固唾を飲んでいた。

動きは良かった。攻めていた。棟田選手のの腕をきめて投げを打ったとき、審判は思わず「一本」のコールをした(これはすぐに取り消されたが)。それくらい押し続けていた。結果、優勢勝ち。

しかし、十分意味のある勝ち方だった。相手の取り口を封じ、そして勝つことに徹した試合運び。嘉納杯東京柔道で石井選手に負けたときとは違うものを感じた。

そしてそのまま、決勝戦で一本勝ち。相手は相性の良い正田選手ではあるが、実に気持ちの良い内股がきまった。

0804061

内股というきめワザ。写真は内股が決まったところだが、相手の身体が完全に宙に舞っている。それが一瞬にしておきる。スピードと切れ。その一瞬。そのワザのすごさこそが井上柔道なのだ。

だから、ぼくたちは井上康生選手の柔道を見に行く。その柔道は他の誰も持っていないスピード。前に突き進むチカラ。そして美しさ、潔さ。

勝ててよかった。会場の誰もが皆喜んだ。それくらいファンがたくさんいた。

100キロ超級は4月29日の全日本選手権(無差別級)の試合結果で北京代表が決まる。康生選手には優勝することしか残されていない。だからまた見に行く。いけば何かを感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅い桜、三種

ぼくの家のまわりを歩いてみると、ソメイヨシノとは違う種類の桜が、これまた今が盛りと咲いていた。

品種名は良く判らない。八重桜?しだれ桜?。どの花もとても綺麗な色をしている。3つ目の写真は、ひとつの木に紅白の花が咲いており、実に綺麗だ。

0804041

0804042

0804043

近所を歩いてみると意外な発見があるということが判りました。

今週末は福岡に行ってきます。はい、そうです。それです。ここで最後となるか、はい上がって望みを繋ぐか。その現場に行って来ます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

岩倉桜まつり

いよいよ、愛知県岩倉市の桜まつりが本番になった。

いまが一番きれいだと思う。

080403

夜になると豪快にライトアップされ、桜花は、やたらキラキラと夜空に輝く。

0804032

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どこも桜が満開

ここ愛知県岩倉も桜が満開の季節になった。

朝、会社まで歩いていく途中にも何本もの桜があり、それぞれ咲き誇っている。

080402

春がきたなあ、としみじみ思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北京オリンピックとても見に行けない

北京オリンピックのチケットが当たったのは良かった。しかし…。とてもじゃないが行けません。

さて、そのわけは。

3月の末、チケットぴあからチケット当選の知らせがきた後、まさか当たるなんてと少々戸惑ったが、わが妻かおりさんも喜んでくれたし、二人で3泊4日(8月10日出発、11日観戦、12日観光、13日帰国)予算二人で30万円くらいあれば、なんとか北京に行って帰ってくることはできるんじゃなかろうか、ということで、飛行機のチケット、滞在ホテルの確保を始めたのであります。

まずは飛行機であります。国内2社を調べますと8月10日行き、8月13日帰りの便は2社ともに空席あり、確保できそうでありました。しかし、なんか料金が高い。エコノミーで往復一人20万円ときたもんだ。

それで次は格安チケット検索で調べてみましたが、ノースウェスト航空は空席無し、直行便ではチャイナエアーに空席があり、とれそうです。しかし、高い。チャイナエアーでも往復一人15万~17万であります。

仮にチャイナエアーを使ったとして二人で30万円を超えます。

アシアナ航空や中国南方航空など直行便でないものも空席はありましたが、料金はいくらも変わりません。

しかたがない、ここは、オリンピック価格とあきらめてとりあえずチャイナエアーを候補にしておきましょう。

次にホテルであります。

いくらなんでも五つ星、四つ星クラスのホテルは取れません。オリンピック開催期間はどこも予約は受け付けてくれません。

そこで三つ星以下を調べました。楽天トラベル、JALホテル検索、H.I.S、JTB、オクトパスなどなど。およそ検索できそうなサイト、および北京ガイドブックに掲載されている安いほうのホテルのホームページに直接アクセスなどしましたが、見つからない。

いや、正確には見つかりはしました。が、信じられないくらい「高い!」ざっくりいって、普段の10倍。

ツインルーム一部屋の宿泊料が、一泊5万円から7万円。それもビジネスホテル並のところがです。3泊したとして15万円から21万円。

都合、飛行機代、ホテル代で二人約50万円。これに北京での滞在費を加えると、まあ最低でも60万円は準備する必要あり、当初見込みの2倍。

いくら便乗値上げ真っ盛りといっても、これは激しく予想外

この時点で、自分で予約したりするのは無理かとあきらめました。いっそJTBが組んでいるツアーの方が安いのかも、と調べてみると、こちらでもなんと、お一人様北京オリンピック2泊3日(行って、見て、帰ってくるだけ)で約30万円ときた。

自分で旅を組んでも、ツアーでもそんなに変わらない(ツアーの方が宿泊数少ない分だけ高いともいえる)ということは。オリンピックとはそういうものなのか。ここぞとばかりの超インフレなのか。それとも驚くに当たらない程度のことなんですかね。

頭を抱えまして、結論。北京にはいけない。

高すぎる。二人で60万円あったら、ぼくはヨーロッパ行きます。いや、マーチンギター買うかも。

どなたか、もっと安く行ける方法ありましたら教えてください。

それにしても、こういうこと話題になってないんでしょうかね。他にもチケット当たってしまったばっかりに、一世一代の大出費を覚悟している人は、大勢いるかと思うのですが。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »