« 寒い朝 | トップページ | 福士選手のレースについて »

ミュージカル『ガールフレンズ』

天王洲にある銀河劇場というところへ、ミュージカル『ガールフレンズ』をわが妻かおりさんと観にいった。

080126_1521

このミュージカルは、台詞はなくすべてユーミンの曲によってストーリーが展開されるというものだ。

ユーミンの歌とともに歳をとってきたぼくらの世代にとって、これは観なければ、いや聞かねばならないものだろう。

ぼくは学生のときに初めてユーミンのアルバム『ひこうき雲』に出会い、そのままリアルタイムに聞き続けた。結婚したころには「昨晩お会いしましょう」がリリースされ、いよいよユーミンワールドにはまったものだ。コンサートにも何回か行った。

しかし、アルバム「ドーンパープル」まではなんとか聞いていたが、それ以降は少しづつユーミンの作る楽曲が耳に残ることは少なくなった。

ぼくとわが妻かおりさんにとってユーミンの歌はデビューから1990年くらいまでの期間のものが、いつも思い出のシーンにあるBGMになっている。

さて、そんなぼくとわが妻かおりさん、期待に胸膨らませ劇場の椅子に座った。

およそ2時間。36曲もの歌を聞いた。主人公は二人の女性。内向的な真理子と活発な裕子。ふたりの恋と失恋、そしてあらたな出会いと別れ、友情。そんなストーリーが展開する。場面場面で歌われる曲は、まさにそのためにあったと思うくらいピタリとはまっている。

とくに「青いエアメイル」で描かれた情景はこの劇の核心ともいうべきところ。真理子役の堀内敬子さんが上手いので思わず涙ながれる。

たくさん曲があるなかで、それでも今日の曲はまだまだほんの一部分。この間NHKでユーミンの曲をモチーフにしたドラマをやっていたが、もっとたくさんのドラマがつくれそうな気がする。

おもしろかった。昔好きだった曲や映画を懐かしむことは健康に良いそうで。こういうのもたまにはいい。

|

« 寒い朝 | トップページ | 福士選手のレースについて »

コメント

石川さん

「真冬のサーファー」ね(^^)

まさに曲と絵がぴったりでした。

ぼくは「青いエアメイル」もよかった。ああ、こういう解釈もあるのかと思いました。

このミュージカルもお勧めです。まだ切符は手に入るんじゃないでしょうか。

投稿: mIKE | 2008.01.27 11:03

あー、これ!いいですよねー。
そしてユーミンも松任谷っつうより荒井と言うイメージが強くあり・・・。
》NHKでユーミンの曲をモチーフにしたドラマ・・・
これ見ましたよ!!
第一篇目のランナーの女の子とサーファーが印象に残ってます。
涙ちょちょ切れもんでした。

投稿: たっち石川 | 2008.01.26 23:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミュージカル『ガールフレンズ』:

» ユーミンソングミュージカル『ガールフレンズ』 鈴木蘭々/池田有希子 天王洲・銀河劇場 [あっかんべぇ]
 ユーミンソングミュージカル『ガールフレンズ』の再演公演を天王洲銀河劇場で観て来ました。18時開演のソワレ。ダブル・キャストの主役は鈴木蘭々/池田有希子の組み合わせでした。  2006年12月の初演の公演は華原朋美主演のを観たのですが、それと較べると格段に演技と演出がよくなっていたと思います。よりミュージカルらしくなっていました。  座席が前から3列目で、手を伸ばせば舞台の上の役者に触れそうなぐらいに近く感じる席でした。鈴木蘭々も池田有希子も表情豊かで、きちんと演技していました。歌に表情が無く、「コ... [続きを読む]

受信: 2008.01.27 00:09

« 寒い朝 | トップページ | 福士選手のレースについて »