« しびれた日韓戦 | トップページ | 嘉納治五郎杯をみた »

鹿肉を食べました

643835813_211

岐阜は郡上の山奥で捕れたという鹿の肉を食べる機会に恵まれた。

美味。想像するような臭いやヘンナ食感はまったくなく、さらりとした味わいは魚といっても通じる。

聞けば、本当の山奥にいてヘンナ食べ物を摂らず、木の実だけで生きてきた鹿はこのように美味しいのだそうだ。

この鹿は郡上のマタギが狩猟したものだということだったが、そんな純粋無垢な鹿を食べてしまってよいものかとちらと思ったが、もうソテーになって皿に盛られているわけだから、そこはありがたくちょうだいした。

写真はソテーの盛り付けの状態。隅にあるゴルゴンゾーラをちょいとつけて食べるのだが、またこれが絶妙。

その他には、カルパッチョとか、野菜と煮込んだラグーとかスジ肉の煮込みなどがあり、それぞれ実に精妙な味わい。

昔、本栖湖畔でキャンプしたときに、熊肉の缶詰をもらって食べたことがあったが、あれはどちらかというとゲテモノ系。脂身の臭いがきつくてダメだった。

昔はウサギも食べたし、山鳥も食べたが、いまは保護の観点からか養殖以外の肉は手に入らなくなった。せめてこれらの味わいだけは忘れたくない。

|

« しびれた日韓戦 | トップページ | 嘉納治五郎杯をみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« しびれた日韓戦 | トップページ | 嘉納治五郎杯をみた »