« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

雨の日

雨の日に歩くのは嫌いじゃない。

ポツポツと叩く音を聞きながら傘を差して歩くのがいい。

午後、ギターを弾き飽きて、久しぶりの雨の中を歩いた。稲穂が綺麗で、かすかに秋の匂いがした。

070930

| | コメント (0)

秋の音

秋を感じるもの、まず匂い。

稲刈りの田んぼでは稲ワラの香ばしい匂いがするし、旬の柿の皮を剥くと懐かしい子供のころの匂いがする。そろそろ金木犀が漂うはずだ。

しかし、今日は音だ。

ぼくのアパートの前にある小学校で、曇り空の下、恒例の運動会が開かれた。

朝から、ガンガンとスピーカーから音が響いてとても寝ていられるものじゃなかった。

今年から、ポルトガル語の通訳がついて、インターナショナルな運動会になってきた。

で、運動会といえば、駆けっこや綱引きをするときにながれるBGMだ。これはもうぼくの子供時代から同じだ。「天国と地獄」これこそ運動会の音。

このBGMと鉄砲の音が鳴り響けば、まさに日本の運動会だ。子供達は黄色い声援を送り、大人は拍手を送る。

今日は、そんな音を目一杯聞きながら、ポテトサラダを作り、妙に食べたくなってしまったショートケーキなどをならべて、運動会を見学していた。

| | コメント (0)

トプカプ展

今週も上野の森に行った。

今日は東京都美術館で開催中の『トプカプ宮殿の至宝展』。わが妻かおりさんとタクヤとで観にいった。

トプカプ宮殿というのは、トルコイスタンブールにある、オスマントルコ歴代の王が住んでいた宮殿。今は博物館になっている。

その中に宝物殿があり、オスマントルコが代々有していた宝物が展示してある。そのほんの一部(何100分の1くらい)が今回東京にやってきた。

実は、ぼくは本物のトプカプ宮殿に行ったことがある。だから、キンキンキラキラの宝石や金銀に彩られた器具、宝飾品のすべてを見ている。それはすごいの一言だった。

だから、なのだが、今回の展示物は。その数、質からして物足りなかった。でもわが妻かおりさんはじめ初めて見る人にとっては、すこぶる見事な宝物だったろう。

明後日までの開催とあって、やはり展示室の中は混雑していた。およそ2時間かけて見終わって、美術館内にあるレストランでお茶。

窓から見る上野の森が青々として綺麗であった。しかし、今日も暑かった。

| | コメント (0)

秋…でも暑い

朝からきれいな空だった。秋の雲が流れていた。

070918

しかし、暑さはそのまま。夜になっても熱帯夜だ。セミの声が消え、コオロギが鳴いて、あたりには秋がきたような気がするが、どっこいまだまだ夏だ。

建物の壁はたっぷり熱を含んでおり、その放射熱で参ってしまいそうだ。

このところ、異常なのが正常になってしまったような気象現象が続く。こういった事に身体が馴れるまで、幾年かかることだろう。

| | コメント (0)

インカ展

わが妻かおりさんと、東京上野にある国立科学博物館で開催中のインカ・マヤ・アステカ展を見に行った。

連休中だからなのか入場するのに30分ほどかかった。展覧の順序は、マヤ→アステカ→インカ。歴史の順でもある。

インカ文明の遺品(ミイラを含む)は、NHKの特別番組でも見ていたので目新しいものはなかったが、むしろ、マヤ文明とアステカ文明の遺跡のほうがおもしろかった。

インカは黄金に彩られた遺品が多いのに対し、マヤ・アステカは、翡翠や綺麗に彩色された土器、独特の生け贄の風習など、興味津々。他の人々もおよそそんな感じで、インカコーナーよりマヤ・アステカコーナーでの行列が長かったように思う。

最後にお土産コーナーでインカコーラ(黄色い炭酸水)を買って外に出た。ちょうど夕方に差し掛かるころで、空に薄闇が広がりかけていた。

世は3連休。はじめの2日間は東京で過ごしたが、明日は仕事。まだまだ蒸し暑い。秋になったら少し休みを取ろうと思う。

070917


| | コメント (2) | トラックバック (0)

燕戦3連勝

ようやく名古屋ドームに行くことができるようになり、ヤクルト3連戦のうち2試合を見ることができた。いずれも快勝し、巨人戦で負け越したウップンを少しは晴らしたが、相手がヤクルトではなあ。

今日の試合は初回に連打で4得点。そのまま中田が完投かに思えたが、岩瀬のメモリアル救援に譲った。投打のかみ合った良い試合だった。

こういう試合が巨人相手にできない、というところが、今年の恐竜軍の辛いところ。ここ一番に弱いところが、愛すべきところだ。

今日は、数量限定の「デラックスバーガー」(なかなか美味しい)を食べ、ビール抜きで頑張ったのでありました。

070909

| | コメント (0)

マメキビをもらった

ぼくの小さいころは、マメキビと呼んでいた。

で、今日、長野から、とれたてのマメキビが送られてきた。

それで、早速茹でて食べた。

茹でる前に生で囓ってみたのだが、それだけで十分甘くてみずみずしく美味い。

今年初めてのトウモロコシだ。夏の味だと思う。

070908

| | コメント (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »