« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

最後の解禁はいつ

退院後、徐々に解禁してきた。食べ物ね。

すぐに解禁してしまったのが、前に書いたウナギ。その後、あんかけスパも解禁したし、普通に生野菜も解禁。最近ようやくカレーライスも解禁。

これが美味かった。あっ、寿司はとっくに解禁。

それでもって、まだ解禁していないもの。それがラーメン。坦々麺などいつになったらたどり着けるやら。

だから、ラーメン解禁日は特別な催しをしなければならぬだろうと思っている。

ついでにいうと、ビールも最近解禁した。体中の細胞の求めに応じて中ジョッキ5杯飲んだら、頭痛がしてきて参った。すっかりアルコールには弱くなった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

三島飯嶋の鴨汁そば

三島に行き、今日は飯嶋の蕎麦。

070523

蕎麦は二八。ここでは更級と田舎の種類の違う麺が楽しめるが、やはり二八が一番楽に食べられる。鴨汁も甘辛で、ショウガを少し入れると風味がよくなり、また良い味わい。

三島からは富士山が青空に映えてきれいだった。

行きつけの喫茶店でママ(というよりおかあちゃんと言ったほうが正しいが)と、客のじいさんたちとノンビリとした話などしていると、このままコーヒーを飲んで居られたらいいと思うのだが、そうはいかず。さて仕事だ仕事だ、と出立。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学食のカレーライス

卒業後28年経ってクラス会が開かれた。久しぶりに集まったのが13人。小学校の同級生ではないので、顔はみな判るし、思い出も多いので面白かった。二次会では、いつもみんなで行っていた飲み屋だった。

そういや、ここの襖、ぶち破ったことあった。などと思い出しつつビールを飲んだ。翌日(今日だ)、懐かしのキャンパスを巡った。

当時、まだ新しかったキャンパスも木々が生い茂り、すっかり趣のある場所に変わっていた。草野球をして遊んだただの広場は庭園になっていたりした。

0705201

ひっそりとした片隅に、まだあった。古ぼけた建物。昔よくここで遊んだ。長期合宿用に乾燥野菜を作ったりした。コンパもした。懐かしいサークル棟。今日も現役の学生がゴソゴソやっていた。

0705202

その後、これまた懐かしい学食でカレーを食べた。カレー一杯231円。当時は100円だった。味は良くなっていたような気がする。

0705203

その後、当時よく歩いて駅までいった道を辿った。橋から見下ろす川は昔と同じ水をたたえて静かに流れていた。ここも昔と変わらないなあ、などと流れを仲間と眺めた。街路樹が影をつくっている通りでは、祭りがおこなわれていた。

0705204


| | コメント (0) | トラックバック (0)

螺旋のビル

所用があって名古屋駅前に出た。昼時となり地下街にある「チャオ」でミラカン(ご存知あんかけスパ)を食べ、地上に出るとビックリする。

このところ賑やかな名古屋駅前であるが、またそこにとんでもない姿カタチのビルが建てられている。

070513

四角い建物がねじくれて、まるでソフトクリームのようなカタチ。現代のバベルの塔。ファッション系の会社が入るらしいが、隣りにある四角四面のミッドランドスクエアはいかにも無駄のないトヨタらしいたてものだが、こちらはいかにもモード派。面白い。

ミラカンでお腹一杯になったぼくは、フェールラーヴェンでウィンドブレーカーを買い、180円のコーヒーを飲んで岩倉に戻った。

| | コメント (3)

神宮前で鰻

今回入院するにあたり、友人が熱田神宮の御守りをくれた。それで、退院したこともあり、熱田神宮に御礼のお参りにいってきた。

熱田神宮は草薙の剣が収めてある由緒ある神社。伊勢ほどではないが、その境内は意外に広く、落ち着いた空間だった。

日が良いのか、何組かの結婚式も行われていた。

0705111

本宮に参拝してから南門の近くにある「あつた蓬莱軒」に行った。「櫃まぶし」が有名な店である。たいてい30分以上待つことになる。

店に入り、受付をしようとするとちょうど一人席が空いたところで、30分待ちの行列をすっ飛んで、いきなりカウンター席に案内されてしまった。なんてついている。これも熱田さんの御利益。

さっそく「櫃まぶし」を注文。

0705112

「櫃まぶし」とは、鰻のきざんだ身を敷き詰めたウナギ飯を、そのままで食べる、海苔などの具をトッピングして食べる、具とワサビをトッピングしたところに熱いダシ汁をかけて食べる、の3種類の食べ方で味わう名古屋の代表的食べ物である。

あつた蓬莱軒は、その名店ということもあっていつも混んでいる。それほど美味いというわけだ。ウナギだけだったら三島のウナギの方が美味しいと思う。でも、確かにここの櫃まぶしには独特の美味しさがある。

小さめの茶碗4杯分のご飯が楽に食べられた。美味しかった。

その後、別宮に参拝し、帰りに大須商店街に立ち寄り、一日を終えた。良く歩いた。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

きわどいところでした

ポリープ切除し、その細胞検査の結果が出た。

『悪』と出ればそれは癌のことを言うわけで。ぼくは恐る恐る診察室に入っていき、主治医の前で神妙にしておりました。

最近は電子カルテというのか、すべての内容はディスプレイ表示され、患者はその画面をみながら医師の話を聞く仕組みになっている。

なにやら英語で書かれた検査結果を先生が解説してくれる。

で、結果は『良』

今回綺麗にとっちゃいました、幸いなことに癌になってはいませんでしたよ。しかしね、あと一年放っておくとどうなったですかねえ。ま、よかったですね。また1年後に検査だけしましょう。

と、先生。

実は、今回のポリープ。一年前に人間ドッグで再検査の知らせを受けており、そのときからぼくの体内で順調に生育していたのである。だがそのときぼくは軽く考えており、また仕事が絶頂の忙しさであったこともあり、ついつい病院に行くのを遅らせてしまっていたのである。

そしたら、今年一月の人間ドッグ。再び再検査の通知。2年続けて人間ドッグで引っかかったこともあり、観念して今年の3月下旬、精密検査を受けたのが良かった。

その精密検査(内視鏡検査)でポリープがひとつ大腸に見つかった。けっこうでかい一物だったわけで、その場で切除ができなかった。それで、すぐに入院を指示された。

さりとて今年の4月も大いに忙しく、ならば、5月の連休が良いというわけで、27日に入院を予約し、切除に臨んだのだ。

ギリギリになるまでこのことを誰にも話していなかったし、いまでもそのことを知る人は少ない(これを読んでいる人と限られた仕事関係者のみ)。

入院から退院までの状況は、すでに書いてある通り。

人間ドッグは信用に足る検査であるということ。そしてなにか兆候が出たらすぐに精密検査を受けること。それが最善の方法であること、ぼくは今回これを学んだ。

| | コメント (6)

MacBookを買い

タクヤがパソコンが必要だということになり、本人の希望もあってMacBookを買おうか、ということになった。

で、新宿に出て、MacBookの中古品を探した。あった。未使用の中古品(CoreDuo 2GHz)が定価の3万円引き。CPUメモリーを1Gに増加させ、ついでに最近のMacBookの新機能、BootCampでWindowsマシンとしても使えるように、WindowsXPも買った。それでも合計金額が単品定価より安く買えて満足。

家にもどり、早速セットアップ。

BootCampという機能は、MacのCPUがインテルに変更なってからできた機能。ハードディスクの一部を完全にWindows対応させ、MacOSとWindowsを切り替えて使えるようにするもの。エミュレーターとは違うので、Macが完全にWindowsマシンになる。

設定ははなはだ簡単で、総時間3時間くらいでできてしまった。すごいことになったもんだ。

13インチのディスプレイも綺麗で、ぼくも欲しくなってしまった。ぼくの場合はまだまだ現役のPM8500改。ただ、ほとんどのソフトが、バージョンアップし、結果としてMacOS旧バージョン非対応になってきたため、ぼくのマシンは次なる地平線にたどり着けないでしまっている。

そろそろ潮時を感じるなあ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

退院し

五日目の昨晩、はたして退院できるものかどうか、心配な面もあったが、担当医師から予定通り本日退院との尾お達し。

その担当医師から、先制。

酒ダメ、辛いものダメ、運動ダメ

カレーもダメですか?と聞いたら、当然です、ついでにコショーもダメ。ときた。カレーもラーメンも食べるなの意味と理解しました。病院ベッドで夢に出てきた食事は当面ダメ。坦々麺なんてどうでしょう、などとは聞けませんでした。

短い間でありましたが、なかなか意義深い入院生活でありました。病院のベッドは寝心地がよく、よく眠れた。しかし、毎朝、目の覚める時間が早くなり、今朝は4時半に目が覚めてしまった。入院したときはまことによく寝てました。てことは、かなり寝溜めができたってことかも。

看護師の働きぶりには感心しきり。まさに白衣の天使です。寝たきりのご老人達が家に帰りたくない訳が判るような気がします。本当になにからなにまでよくしてくれますからね(仕事とはいえ)。でも個人的なお話はダメだったなあ。

食事は毎度3分粥だったおかげで体重は入院前と比較し3キロ以上減。ウンチも綺麗この上なく、赤ちゃんのモノみたい。この状態をずっと維持したいものです。

明日からまだしばらく休養であります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

五日目

今日で五日目となった。ようやく点滴のチューブが外れた。点滴がなくなると患者ではないような気分になる。自由に歩きまわれるのは良いことだ。

昨日の昼から流動食が食べられるようになった。今日は朝から三分粥だ。なにせ腹ペコなので、あっという間に片付けてしまう。食器を返しにいくと驚かれる始末だ。

テレビを点けているとやたら料理系の番組が多いのがわかる。昨日の夕方は4チャンネルと8チャンネル同時刻にどデカ盛り料理を若い女性が平らげるというコーナーがあり。まったく同じお姉さんがバクバクとカツ丼10人前とかラーメン1.6キロを食べつくしていたけど、まあ、ようやるなあ。

しかし、できるものならやってみたい気分ではあった。

今日の東京の空は次第に曇り、ポツポツと雨粒が落ちてきた。一日静かに過ごそう。読みかけの本を片付けてしまおう。

>ライダーさん
段々、朝起きる時間が早くなってきました。アルコールを一切摂取せず、毎日10時に寝る習慣をここで身体に覚えさせようと思います。

>かつりゅうさん
お久しぶりです。入院なさっていたことは知りませんでした(すいません)。ぼくもここの看護師のみなさんの仕事振りを見ていてとても良い勉強になっています。御社の方々の仕事振りも見てみたい。実習など受け付けてもらえないですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »