« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

伊勢神宮に参拝

伊勢神宮にいってきた。ここには初めてやってきた。何故伊勢神宮かというと、まず伊勢うどんを食べてみたかったから。次に、何故か行きたかったから、というのが本当のところ。その何故かが良く判らないけれども、行ってみて良かったと思っている。

0611251

名古屋から近鉄特急で伊勢まで。そこから歩いて、まずは豊受大神宮(外宮)へいった。伊勢神宮はふたつの正宮からなっている(ってことあまり良くしらなかった)。天照大神が鎮座する皇大神宮(内宮)と、その神様の召し上がる食べ物を守護する豊受大御神が鎮座する豊受大神宮(外宮)である。

参拝の順序は外宮から内宮へと行くことになるということだ。だから、まず向かったのは外宮である。杉の大木が鬱蒼と茂る森の中に神社はあった。とても不思議な感じになった。御正宮ではなにも感じなかったのだが、荒御霊の鎮座する多賀宮の祠の中には誰かが確かに居るというような感じを受けた。ひょっとすると豊受けの神様は本宅には居らず、別宅でお休みになっていたのかもしれない。

外宮を出て、参道にあるうどん屋で念願の伊勢うどんを食べた。あんなの美味くないとか、うどんじゃないとか聞かされていたのだけど、食べた感想は。……、これ、美味い!美味いです。

0611252

うどんはモチモチとして柔らかいが、真っ黒のタレが見た目と違い、やや甘めで魚のダシがしっかりとしており、実に味わい深い。まったく想像と違ってました。ぼくは好きです。このうどん。

うどん屋を出てタクシーに乗り、次に内宮へ行く途中にある猿田彦神社にいった。猿田彦は導きの神として有名で、これから何かを始めるときにお参りをすると良いとされる。ぼくはここでお守り「はじめの一歩」御守りを買った。すべてのものは「はじめの一歩」から始まります、という言葉に惹かれて。

そこから約1キロ歩くと内宮である。その途中に「おかげ横丁」があり、当然寄り道。赤福本店で赤福餅を食べました。

0611253

おかげ横丁に長くいると、団子やうどん、蒲鉾にコロッケ。いろんなモノに手が出てしまい、なかなか内宮に行けなくなってしまう。なんとか目をつぶって宇治橋を越えた。

内宮の御正宮に参拝。ここはさすがに日本最高の神社だけあって、凛としている。なにかの気を感じる(ような気がした)。空気が違う。もう少し静かにじっとしていたかったが、人が多くて落ち着かなかった。荒御霊の鎮座される荒祭宮や風の宮にも参拝したが、こちらはなんとなくお留守のような感じだった。

最後に内宮の隅っこにある大山祗神社に参拝したら、こちらには誰かがいらっしゃるような気がした。ただ、そんな気がするだけだけど、妙に落ち着く空間だった。

0611254

内宮を出て、テクテクと歩き近鉄五十鈴川駅に向かう。その途中、月読宮があったので、こちらも参拝した。こんもりとした森の中にはいってびっくりした。社が4つ並んでいる。静かなところだった。参拝客は少なく、とてもひっそりとしていた。こちらはどこもお留守のような気がした。

0611255

今日は一日良く歩いた。しかし、念願かなって伊勢うどんを食べ、伊勢参りもできた。そして伊勢参りなどという軽い言葉とは裏腹に、伊勢神宮は素晴らしかった。ここに年間何百万人もの人が訪れる理由は確かにあると思う。何かがいらっしゃる、そんな感じを受けた。面白かった。御守りを買ってきたので、これから病院に入院する友人と、いま入院している娘に持っていこうと思っている。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

来年の手帳

来年の手帳


来年の手帳を買った。もうそんな季節である。

ぼくには手帳が必須アイテム。もっぱらスケジュールの管理に使う。備忘メモにもなる。この一冊は何より仕事に必要である。この手帳はずっとモデルチェンジもせず、頑なに同じカタチ、中味である。そうでなければいけない。こうしたことは大事だと思う。いつも持ち歩き、手にするものだから、具体的な感触が大事だと思っている。

ぼくが一筋にこの手帳を愛用するのは、その手触りというか肌感覚が自分に合っているからだ。毎年買い替えて、もうかれこれ10年くらい使っている黒皮の手帳。これがないと落ち着かないのです。

そんなわけで、新しい来年の手帳にこれからのスケジュールを書き込んでいきます。そうすると仕事したような気分になるから良いですね。

スケジュール管理というのは、仕事の第一ステップであります。最近は会社において、コンピュータで各自がスケジュールを登録しておくと、それが共有化され誰もが関係者のスケジュールを見たり、あるいは他人のスケジュールを書き換えて、ミーティングを入れたりすることができるようになっています。だから、コンピュータのスケジュールを確認したり、忘れずに登録をする、という作業が非常に重要かつ大切なことになっております。

そうなると、コンピュータと手帳の同期化がこれまた重要なことになってきます。コンピュータと手帳の内容がいつも同じでないと、とんでもないことになります。片方に予定が書き込んでないと、ダブルブッキングなんてことが平気で起きるようになります。コンピュータを持ち歩けば問題ありません。実際、ぼくも仕方なくノートパソコンを持ち歩くこともあります。

しかし、パソコンには肌感覚がありません。この、手触り、手帳をそっと開くときのときめき。そんなものありません。アナログだっていいんです。ポケットに入る手軽さ、充電しなくてもデータが消えない確実性、そして手触りのうっとりする感覚ならこっちが上です。問題なのはこの二つのスケジュール表をいつも同じにしておくことであります。その作業が仕事のひとつに堂々となってしまっている毎日であります。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

休日の過ごし方

今日はお休み。ずっと寝ていようと思ったが、頭の隅が起きてしまい、ノロノロ布団から這い出し、しばらくボーっとする。今日は天気が悪い。窓の外は暗い。ウェーブレディオで鈴木茂を聴く。久しぶりだ。

ようやく頭が回転してきたので、ひとつ掃除でもするか。ついこの間掃除したばかりのような気がするのだけどなあ。がしかし、部屋の隅や廊下の端に埃がやたら溜まっている。そういや、PETボトルの空き瓶もずいぶんある。てことは、かなりの間、掃除もゴミ捨てもしていないのか。いや、そんなことはないのだけどなあ。記憶が飛んでいる。

一通りやり終えて、PETボトルをリサイクルゴミに出し、そろそろ寒くなってきていよいよストーブのお出ましとなるわけで、灯油を2缶買いだししたり。洗剤やカビキラーなんてものを勝ってくる。そんなこんなで昼過ぎ。久しぶりに家事に没頭。夕食には鶏肉で肉じゃがを作成。いつもながら自画自賛級の美味しさ。これホントに美味い。

やっぱり、こういう休日の過ごし方をしたのは久しぶりかもしれない。9月末からいろいろあったものなあ。

話は全然変わる。某通信という会社のことが話題になっている。あの会社の勧誘パンフが送られてきたので覚えている。凄く美味しい話だった。だから胡散臭くてそのパンフは一目みて捨てた。でも世の中には捨てない人がいるもんだってことが判った。通信網というハードを持たない会社がIP電話というソフトというか、もともとネット接続さえすれば誰でもタダでやれることで収益出せるわけがないと思った。大体あたってたかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

東京駅の鮭弁

東京駅の鮭弁


今日は東京へ日帰り出張。ふぅ…。

で、帰りの新幹線で弁当。発車までの時間がなかったので、東京八重洲中央口にある駅弁スタンドで最初に目に入った鮭弁を買いました。500円。東京駅内の弁当屋なのに良い価格。なにか裏があるのかな、などとは考えず買いましたとも。

おかずは、ちいさな鮭の切り身、白身魚のフライ、鶏唐揚げ、小さいオムレツ。どれも見たことあるやつばかりで、味は想像の通りずばり冷凍食品。

冷凍食品とはいえ、我が妻かおりさんが作ってくれる弁当も時には同じようなおかずが並ぶことがあるわけで、これがけっして悪いわけではありません。値段を考えれば、場所柄よく頑張っているでしょう。ええ、普通に美味しかったですよ。妙に所帯じみてて。はい。

しかし、今日は朝から三食弁当だった。最近多いな、弁当食。ぼくに限らず、外食弁当に頼っている人は多いでしょうねぇ。

最近、東京は我が家の近くの商店街にあった書店が店じまいをしてしまい、跡地に何が出てくるのか楽しみにしていたら、現れたのは某大手チェーンの弁当屋だった。

書店は駅前にできた大書店の影響で経営がおかしくなってしまったのでありますが、弁当屋だって環境は厳しい。

駅前には食品スーパー、同じ商店街には惣菜屋に同業他社の気になるお店が軒を連ねております。 生き残りをかけて各社はしのぎを削っているわけでして、新規参入を許すまじと既存各社はさらに必死に頑張るわけです。

そうなると、もっと安い価格で良いおかずの弁当が買えるようになり、ぼくらはありがたいありがたいと思うようになるわけですね。

おなじような弁当を毎日作って子供に持たせているわが妻かおりさんも、そのうち弁当屋で弁当買ってくるようになるかもなあ、母の味がまた失われる運命だ。などと考えてたらもう名古屋だ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

越前かにめし

越前かにめし


金沢へ日帰り出張。ゆっくり地のものを食べて楽しんでいる時間はないので、帰りの電車で駅弁を食べる。その名も「越前かにめし」

およそ手の平にすっぽり納まるくらいの小振りのプラスチック容器。蟹をかたどっている。その中に、蟹のエキスで炊きこんだ飯がけっこうぎっちり詰め込まれており、表面に蟹肉が敷き詰められている。

で、これをスプーンで食べる。スプーンでなくて箸で良いのだけど。

美味いです。そこはかとない蟹の味が良いです。そこはかとないはずなのに、しっかりしていて、それだけでモリモリ食べてしまえる飯も良い。おかずの必要はありません。

見た目と違って意外に量がある。飯が詰まっているのですね。1100円の値段相応のパフォーマンスと思います。

金沢から名古屋までおよそ3時間。特急しらさぎは真っ暗な北陸路を走って行きます。あいかわらず旅情もなにもない旅でありますが、駅弁を食べ暗い景色を眺めておりますと、このまま何処に流れていくのも良いなあ、などと思ったりしますねえ。どっか良いところはないもんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

井上康生の戦いを見に

井上康生の戦いを見に


朝、東京狛江の家をでて千葉ポートアリーナまで来てしまった。講道館杯体重別日本選手権、井上康生の柔道を見るためだ。

Qちゃんのマラソンも今日だ。本当の復活をかけてぼくの好きな二人のアスリートが同時刻に戦う。どちらも応援したいが、たぶんQちゃんは勝つだろうと思い、去年の嘉納杯で負傷した(あのときの戦いはすごかった)井上康生の柔道を選択した。もう一度見たかった。ここで勝ってはずみをつけるか、負けてまた落ち込むか。

井上康生選手への思いはわが妻かおりさんの方が強い。彼女は康生選手に我が子を重ねてみている。だから康生選手がアテネで負けたときの落ち込みはひどかった。寝込んだ。ぼくも、彼の戦いに自分を重ねてしまっているようなところがある。負けてもまた復活してほしい。だから、昨年の嘉納杯での優勝は実にうれしかった。あのときその現場にいられた興奮は忘れられない。そして再度の復活を賭ける。それを祈って今日また、その現場にいたかったのだ。ちなみに今日、わが妻かおりさんは友達と旅行(なんてこった)。メールで結果を報告することにしている。

雨模様の朝、9時過ぎに会場に着いたのだが、場内は予想に反してすでに六割くらいの観客がはいっている。多い。熱気がある。

ぼくが席を確保してしばらくしてから井上康生が登場した(ぼくが見始めたのは第二回戦から)。組んですぐあっさり寝技で一本勝ちだ。実に動きが早い。これが井上康生の柔道だと思った。次々と技を繰り出して相手を崩す。体調は良さそうに見えた。

しばらく時間があき、次の試合、ところがいきなり苦戦だ。会場内に悲鳴に似た溜め息があがる。みな注目している。頭ひとつ大きい相手に苦戦している。内股が決まらない。相手の投げ技を逃げる場面も。それでもなんとか五分間戦って優勢勝ち。見た目の動きは悪くないと思うのだが。

一方で気になるQちゃんのレースの状況は携帯電話のウェブで確認した。ところが、因縁のあの坂あたりで失速しているのがわかった。土佐が引き離していく。Qちゃん、残念だ。そんなことを思いつつ会場で次の試合を待つ。これで井上康生も負けたら、ぼくはきっとやたら落ち込むだろう。

さて、ようやく準決勝が始まった。ところがやっぱり苦戦している。相手が良いわけではないように見えるのだが、康生の技が決まらないのだ。攻めているのだが一本がでない。負けないと思うのだが勝てない。じれったい。相手は格下だと思うが。どうしたのだ。でも、なんとか優勢勝ちを収めた。あがいてもがいて勝った。勝つということの難しさが伝わる。

各階級の決勝が始まった。一戦ごとに表彰式も行うから、なかなか時間がかかる。ようやく最後の最後で100キロ超級の決勝戦がはじまった。相手は同僚の生田だ。勝手知ったる相手だから、おそらく勝ってくれるだろう。と見ていたら2分もしないうちに内股が綺麗にきまった。見ているほうも納得の一本。よかった。しかし嘉納杯のときと違い、井上康生選手は喜びを見せない。

柔道の試合は、5分という短い時間の中ですべて決着させなければならないため、見ているほうも疲れる。およそ8時間も会場にいたからヘトヘトだ。でも、おもしろい。技のきまる一瞬の動きがいい。特に井上選手の動きは他の選手と全然違う。それは見ていると判る。強いということが伝わる。もっと強い井上康生が見たいと願うのは無責任な言い方だと思います。しかし、負けてそして復活していくその姿を見ていたいのです。

表彰式も終わりました。さて、これからまず東京駅に戻り、そこから新幹線で名古屋に帰ります。ふぃ、疲れた。充電したような放電したような微妙な一日。井上選手にはこの勝ちをきっかけに、子供たちの大声援を受ける、最強の武道家になってもらいたい。Qちゃんも勝っていれば、もすこし気分も違っていたかも。でも、Qちゃんには、また別の場面でゆっくり楽しんで走ってもらいたい。いつも二人の応援してます。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ふうぅぅ…

この10日間、いろいろと飛び回っていた。忙しかった。というより、緊張の日々であった。やれやれ、ひと段落した。来年の仕事の種まきです。

仕事に集中して、気持ちがひとつの方向に向きっぱなしになると、余分なチカラは無くなるものですね。気持ちがそれどころじゃなくなるわけで。しばらく何も書けなくなりました。

また、明日から段々と元にもどしていきます。

そうそう、明日といえば、Qちゃんのマラソンと康生選手の柔道。これ、どっちを見に行けばいいんだ。究極の選択。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

美味しいパンです

061107

この愛知県地方(たぶん)のおおよその喫茶店、レストランに納入されている(たぶん)、業務用のパンというのがある。いろいろな姿形のものがあり、たいてい美味しい。

その業務用パン専門に作っているパン工場が、ぼくの会社のすぐ近くにあり、工場の入り口に小さな販売コーナーがあって、小売りをしてくれている。なかなか手に入らないので、いつ行っても賑わっている。

確かに、例えばスーパーマーケットにいっても、大手パンメーカーのものは棚も大きく、食パンやら菓子パンがたくさん並べてあるが、この業務用パンはさすがに置いてない。一軒だけこのパン工場のものを置いているスーパーを知っているが、いついってもほとんど売り切れている。

味が良い。作りたてに近いので柔らかくて甘い。今日の晩ご飯は久しぶりにここのパンにした。食パンは斤売りで売ってくれるが食べきれないのでこれは買えない。買うと厚さをリクエストすれば、その通り切り分けてくれるのですけどね。一度買いたいと思っているのですが。

さて、写真のもの。下の方にコロッケパン(定番です)があります。その左上にチョココロネ(なんたって昔からチョコが好き)、そしてミニクロワッサン(ホント止められない)があり、奥の方のスティックみたいなものが、小倉とバターのミニフランスサンド(やたら美味い中部の味)。

なんといいますか、飽きない。パン生地の味が良い。甘い。甘いというのも砂糖の甘さというのではなくて、でんぷん質の甘さみたいな感じ。ミニクロワッサンはついつい食べ過ぎてしまうくらいです。確かにこれだけ食べたら食べ過ぎです。

値段は、これだけで520円。安い、ですよね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

学園祭へ

学園祭へ

学園祭へ

学園祭へ

不肖の息子マサキが通っている学校の学園祭があったので、わが妻かおりさんと二人、若い奴らのエネルギーを吸ってこようぜ、というわけで出かけた。

電車でしばらく揺られ、駅から高台のキャンパスまで少し歩く。ぼくは初めて行ったのだが、広大なキャンパスはこんもりとした緑に覆われ、こんな環境で勉強できたら、楽しかろうと思った。

マサキは居なかったが、彼の所属するサークルの展示など見つつ、出店が出て賑やかな一画に出た。出店のプラカードを縫いながら歩くのだが、キャッチセールスに捕まり、フランクソーセージと焼きそばを食べることに。なかなか美味しいのに驚き。学生の焼いた陶器を買い、ぶらぶらと歩いた。

ぼくの母校でも学祭はやっていた。秋の連休のころ開催されていた。しかし、吾が部は、その期間を利用して秋の山に入り、秋合宿を行うのが通例だったので、ぼくは一度しか自分の学校の学祭を見たことがない。だから、懐かしかった。

学生時代は人生の中で数少ない自由な時期だと思う。それから仕事に就き、再び自分が自由に使える時間を得るまで、少しだけ走り続けなければならない。ぼくはまだそのゴールに到着していない。ゴールに到着するまで、もう少しかなぁ。学生時代というのは、スタート地点に立つまえのウキウキした気持ちで居られるいい時期だ。あの頃の気持ちを忘れたくないなあ、と歩きながら思ったりした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

病院往復

いただきものを届けに都内某所にある病院へ。

トモカは元気に暇そうにしておりました。いまはまだ検査が続いており、かといって病院を抜け出す訳にもいかず、三食食べて、お見舞いにもらったお菓子など食べていると太るから困った、といっておりました。本格的治療が始まりますと、糖分控えめになるそうです。

この病院、確かに7年前も来たなあ、と建物に入ってエレベーターに乗ったりしますと、記憶がよみがえってきます。またここに来たか、というような感慨がわきます。面会コーナーの窓から隣の球技場が見え、なにやら試合をやっておりました。外はのどかです。

夕方、わが妻かおりさんと近所の回転寿しを食べにいき、マグロがけっこう美味しくて、つい食べ過ぎてしまいました。コハダとか、干瓢とかも割と美味しく、回転寿司というわりにはきちっとした仕事ができているのではないでしょうか。

帰り道、本屋によったら、スイング・ジャーナルがマイルス生誕80周年の特集をくんでいたので買ってしまいました。そういやあ、最近マイルス聞いてない。

HOPEさん、CDありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

久しぶり!ホッピー

実に久しぶりにホッピーを飲んだ。

昔の職場の面々と落ち合い、これまた懐かしい東京は浅草橋駅界隈の飲み屋で飲んじゃったわけだ。

ぼくが「飲んじゃった」と書くこと自体が最近では珍しい。昔のことを知っている人でも、たぶんそう思うでしょう(これも昔の日記などを読み返してもらったら判りますが、あえて読む必要はありません)。

浅草橋界隈は昔と大きく変わっておらず、久しぶりに行った飲み屋のおばちゃんも「あら、久しぶりじゃない」などと声をかけてくださり。ぼくはすっかり昔モード全開。はっきりいってずいぶん飲んだ。

ずいぶん飲んだけど、あまり酔わなかった(その酔い加減は人それぞれの尺度あり)。で、お決まりのカラオケ、ラーメン屋コース。これまたホントに久しぶりな泥酔コース。懐かしさのあまり思わず涙目。

胃液が逆流しての涙目だったかもしれませんが、記憶の中ではそんなことない。今、こうしてちゃんと日記書けてますものね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »