« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

熊本で大平燕

▼週末にかけて九州へ出張。暑かった。猛烈な暑さでした。ルートは中部国際空港から空路長崎へ。そこから佐世保に移動し長崎に戻る。そしてこんどは長崎から天草を経由して熊本に移動。最後は熊本から空路名古屋へという3日間の旅(というかひたすら移動の繰り返し)。良い景色、良い食べ物はそれなりにありましたが、やたら疲れました。では、その一端を。

▼28日。長崎空港から佐世保。佐世保は想像していたところとは全然違っており、確かに天然の要衝であった。かつて帝国海軍が鎮守府を置き、戦艦三笠がロシアバルチック艦隊を撃破した。その歴史を綿々と伝えているかのごとき印象でありました。実際、町の周りは山が取り囲み、山沿いの道を下ってくると港が見えます。港にはねずみ色をした自衛隊艦船が停泊しております。入り組んだ海岸線の佐世保湾、昔の戦争であれば、ちょっとやそっとの攻撃などものともしなかったでしょう。

▼佐世保といえば佐世保バーガーでありましたが、時間がなくてまったく食べられず、佐世保駅のラーメン屋で長崎ちゃんぽんを食べるのが精一杯。このちゃんぽん麺、美味しかった。ちゃんと牡蠣も入っていた。聞けば13種類の具を使っているとか。また食べたい。


0607301

チャンポン麺

▼このあと陸路を長崎に向かいます。内海である大村湾が唯一外海と繋がっている伊ノ浦(針尾)瀬戸という狭い海峡にかかっている西海橋。ここは実に綺麗でありました。その瀬は日本三大急流ということもあり橋の下はまたしても渦潮であります。新しい西海橋の下には歩道があり、あの徳島の鳴門大橋のように急流の真上まで歩いていけました。流れる海水が実に綺麗でした。


0607302

西海橋から

▼長崎に戻ったのは良いものの、疲れでぐったり。適当に近場のラーメンなど食べて寝てしまいました。翌朝、中華街を歩いていると製麺所の看板。お土産にちゃんぽん麺を2種類買って、もう長崎はおしまい。時間があれば、本場のちゃんぽん麺やトルコライス(以前食べたトルコライスは(2001年の
日記参照
)を食べて楽しむところでありますが、またの機会に延期。


0607303

中華街にて

▼29日。茂木港からフェリーで天草に渡り、海岸線を走り少し南国気分。本渡(ほんど)という町に入ります。そこで昼食となり「うに丼」を食べましたところ、これが驚愕的に美味しい。天草は雲丹が特産ということでしたが、その甘い雲丹の味はホントに絶品。


0607304

ウニ丼

▼夕方熊本に到着したはよかったけれど、すでに体力の限界。ホテルにて静かに寝ました。翌30日朝、飛行機の時間待ちの間に阿蘇山へひとっ走り。火口をのぞいて参りました。今も噴煙が上がっており、火口間近への通行規制が出ておりましたが、日頃の行いのよさ。ちょうど規制が解除となり有料道路を上がって火口まで。絶景を楽しみました。


0607305

阿蘇火口

▼で、戻って熊本市内で大平燕(タイピーエン)を食しました。熊本といえば、馬刺し、熊本ラーメン、からしレンコン。かんぼこ。うまいものがたくさんありますが、今日はこれ。ひとことで言うと、麺が春雨(またはビーフン)でできた野菜タン麺です。スープは薄塩味。具の旨みがよく出ております。上品な海鮮スープの味わいです。具は10種類。海と山の幸満載。春雨が胃にやさしく。美味しかったですねえ。

▼と、いうわけでこの週末も忙しかった。休んでいるのか休んでいないのか、自分でもわからなくなってきております。


0607306

紅蘭亭の太平燕

| | コメント (4) | トラックバック (0)

あっという間の週末で

▼とにかくアットいう間に時間が過ぎ、今日の事はおろか、昨日のこと、一昨日のこと、一昨々日のことなど、どんどん書かぬ間に忘れていきます。えーと、東京駅で友達と飲んだのは金曜日だったけか。その後、K君に電話したらぎっくり腰で立つことすらできないとか。

▼でもって、喜多見の大勝軒にいったのはいつだったけか。雨が降りそうだったので傘を持っていったのだけど、ほどよく雨は降らなかったし、いつもにまして「つけそば」の味が良かったなあ。それからマンションの親睦会の準備の手伝いなんかをしていたなあ。

▼調布の花火大会はいつのことだったかなあ。ぼくの東京の家からはその花火がちょっと向こう側に見えるので、マンションの住人親睦会を兼ねたお花火見会が開かれるのだった。そうそう、そうしてぼくは缶ビールをもらって飲んだのだった。あれはいつのことだったかなあ。

▼そんなこんなしていたら、新幹線の中だった。珍しく椎名誠の新刊なんか読んでしまったなあ。パタゴニアの事が書いてあったなあ。あれはいつのことだったかなあ。とにかく時間だけが妙に早く流れております。ではまた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

鳴門のうず潮をちょっと見

▼徳島への行き帰りは高速バスを使った。帰りは鳴門から高速バスに乗ることになった。バス待ちの時間を利用して、鳴門大橋にあるうず潮展望台に行ってみた。満潮時間を過ぎていたために豪快なうずを見ることはできなかったが、むしろ足下に広がる景色が爽快だった。

▼展望台は高速道路の下にあり、およそ200メートルほど歩いてうず潮の近くまで行くことができる。展望通路になっている。


0607191

▼うず潮は、四国と淡路島の間にある海峡に、太平洋から瀬戸内海に急速に流れ込む潮によってできるとは知っていたが、近づくとこの海峡はまるで川だ。良い波がたっている。まるで長良川のように。あそこをカヌーで行ったら面白そうだなぁ、などと思っていたが、吸い込まれたらでてこれないだろうと思うと、お尻がムズムズした。

▼展望通路のところどころには、床が硝子張りになっているところがあり、はるか下の海面をのぞき見ることができるのだが、その上に立つと頭がクラクラする。足がすくむ。橋そのものがおおきく揺れているから余計に気持ち悪い。でも、なかなか見れない景色。


0607192

▼ほんの少し景色をたのしんでから、高速バスに乗って新神戸まで。そして新幹線で名古屋へ。実は今日のお昼ご飯は鳴門で「讃岐うどん」。しかし、ううむ、これはちょっと書くまでもないものでした。本場讃岐でないと讃岐うどんはダメかもしれませんね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

徳島で「たらいうどん」

▼仕事で徳島に来ております。徳島は清流吉野川の流れる水が豊富で、情緒のある街だ。四国八十八箇所遍路の始まりの場所でもある。そんな徳島といえば「たらいうどん」である。たらいに熱々のうどんが入れられている。どかっと食べてください。


060718

▼たらいうどん。美味いです。美味い。見た目は湯だめうどんとか釜揚げうどんに似ています。というか、そのまま釜揚げうどんです。うどんの麺がちょっと違います。もちろん手打ち。讃岐うどんのような腰はありません。もっちりしております。細めです。

▼しかし、写真手前に見えるツユ。これが美味い。ジャコのダシなんでしょうか。ちょっとかすかに甘みを感じつつも、品の良い魚の味が満杯です。そのツユに長いうどんをまさに手繰って入れ込みます。ツユにはネギ、ショウガ、油揚げの刻んだものを適宜入れて食べます。ズルズルと食べます。

▼これが美味い。実に美味い。いくらでも食べられます。讃岐うどんではありません。まさに徳島のたらいうどん。美味いです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

大相撲名古屋場所観戦

▼今日は、田舎の両親を連れて大相撲名古屋場所の観戦である。場所は名古屋城の横、愛知県体育館である。雨模様だった天気も会場に行くと晴れ。幟旗が風になびき、いつもながら良い雰囲気である。


0607163

▼スポーツ全般に言えることですが、とにかく早くから会場にいくと面白い。相撲は朝からやっている。こんなに人のいない時間帯でも、序の口以下の相撲取りが一生懸命やっている。声援はほとんどない。でも、良い取り組みには拍手が起きる。行事だって裸足姿のまだまだ一年生ってな感じ。


0607162

▼でも、そういうところから見ていくのが大相撲の醍醐味だと、ぼくは絶対に思っております。さて、十両、幕の内と進み、いよいよ会場も人が増え、大いに賑やかになります。人気の力士には大声援であります。会場が実に盛り上がります。この雰囲気がまた良いのですね。相撲は現場で見るに限ります。今日は満員御礼の旗も下がりました。


0607164

▼大声援の中でビールを飲み、力士の立会いに注目しておりますと、浮世のことなどすべて忘れてしまえます。夏場に相撲を見るのはたいへんでありますが、これはなかなかやめられません。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

久しぶりのロングドライブ

▼木曜日の夜、小牧を出て東名高速をすっ飛ばして東京まで。ようやくエンジンが絶好調になった、愛車エスティマ君はおよそ4時間半で小牧-東京を走りぬく。

▼で、金曜日は一日東京で仕事し、いろいろとお付き合いもあって最後は銀座。冷酒をちょっと飲んだ後、熱燗一本で酔った。

▼それから土曜日。かんかんに晴れている。家を出て国領駅まで行き甲州街道に出てびっくりした。大渋滞。ラジオを改めて聞きなおすと「中央道は元八王子バス停から40キロの渋滞」などと言っている。久々に聞いた渋滞情報。

▼そういえば世の中は3連休の初日であった。昔はいつも渋滞情報には敏感だったが、ここのところこういうシチュエーションで出かけたことがなかったからまったく無防備であった。後悔しながらも行くしかない。悲壮な決意。高速に乗らずに甲州街道をそのまま西へ進んだ。

▼立川あたりですこぶるでかい夕立に会い、土砂降りの3乗くらいの雨に打たれ、ようやく八王子の渡部さん宅に着いたのが1時過ぎ。家を出てから3時間以上経っていた。

▼コーヒーをいただきつつ、久しぶりのおしゃべり。北海道旅行の話など聞きながら、来年はどうするべ、などということになった。ぼくは時間ができれば2ヶ月くらいの旅がしたいなどと夢見たいなことを話す。

▼それから中央道をひた走り。途中、これまたでかい夕立に2回ほど会い、車はおよそピカピカになってよかった。夜は実家で盆の送り。ここいらは7月15日が盆なのです。昔のように野菜で作った馬を川に流して魂を見送る。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久々の三島「うな繁」

▼三島へ仕事だったので、ここんところ正直疲れた身体と脳みそにもうちょっとカツを入れてやらなきゃ、と思いつつ「うな繁」でうな重を食べました。鰻3枚入りであります。


060712

▼ここ三島の鰻の美味しさについては、もう何度も書きましたので、簡単にいきます。美味いです。軽やかな身のほぐれ具合。甘からず辛からずのタレの塩梅。ピカピカと輝く銀シャリの噛み応え。山椒のピリリ。ひとくち食べれば極楽浄土。もう怖いものもありません。黙々と食べ進むのみであります。

▼あっという間に食べ終えてしまいます。もっと食べたい、そういう気持ちを懐に抱きつつ、お店を出て深呼吸。ああ、今日も一日頑張ろう。そう思えてしまうのですね。美味しいものを食べるというのはそういうもんです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

いつのまにか日曜日

▼朝6時頃、仕事がらみの電話でたたき起こされた。ん…ぅ…ぅぅぅ、寝ぼけつつもおきてラジオを点けたら、ちょうどW杯3位決定戦が終わったところだった。今日試合があることを忘れていた。

▼それから今日も仕事、仕事。まことに楽しい(TT)一日。せいぜい良かったのは会社近くに、わりと美味しい豚骨ラーメンのお店を発見したことか。

▼さて、明日はW杯決勝。ぼくはフランスが優位と見ますが、どうなることでしょう。今夜は早く寝ます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

暑かった土曜日

▼今日も朝から爽やかな空。朝寝をしたかったところですが、部屋の中がジリジリと暑くなりなんだか寝てなどいられません。土曜日の日課をすべて果たし、会社に出かけ、会社の芝生に水をやり(芝生を入れ替えたわけで)、そしてまた汗をダラダラ流して家に戻りました。

▼家に戻ってさて、今日は何を食べようか。明太子がありまして、今日は明太子をドンと食べます。コシヒカリの米をじっくり炊きあげ、さて、明太子丼であります。


060708

▼明太子とホカホカご飯をかき混ぜて一口、二口。美味いです。辛さと旨味がご飯の甘みと相性抜群。これにシジミのみそ汁で、ごちそうさまでした。久しぶりの自炊でしたが、やっぱりご飯は美味しいなあ。などと満足している今日この頃。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

七夕のバーベキュー

▼わが社の男子寮で七夕の夜にバーベキューをするというので、ビールを差し入れた。よって、当然参加資格有りだわな、ということで男子寮の庭に行った。

▼U字溝を利用したバーベキューコンロがふたつ。キャンプ用テーブルなどを並べて始まっていた。久しぶりの屋外焼肉ということで、ぼくも楽しくいただきました。寮の管理人さんがカラオケなんかを持ち込んできたのは良いものの、今の若者は酒を飲んでカラオケを歌うなどというオヤジ文化になじめず…。涙のカラオケセットでありました。

▼去年の七夕も忙しかったなあ、としばし思い出にひたりつつ、めずらしく雨の降らない七夕の夜を賑やかにすごしたのでありました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久々のひとり言

▼ジーコジャパンが負け、韓国も負け、オーストラリアもベスト16で敗退した。ベストエイトの顔ぶれを見れば、そこに日本が居るはずはない。誰もが認める列強が揃っている。

▼日本が一次リーグ敗退したことに対して大いに落胆した我々だったが、そもそもW杯に出て3回目くらいのチームが、そうそうおいそれと一次リーグを突破できるわけがない、と冷静になった今なら判る。やっぱり日本はまだまだだと思います。だからこそもっと強くなっていく過程を見ていたいもんです。

▼W杯決勝はフランスVSイタリアとなりました。ジダンは有終の美を飾るのでありましょうか。あるいはトッティが再び輝くのでありましょうか。3位決定戦、クリスチアーノ・ロナウドのドリブル、クローゼのヘディングシュートが楽しみであります。世界にはホントに凄い選手がいるものです。

▼さて、私でありますが、ひと言。忙しい。もはやそれしか言うことがないというのが悲しい。もう夏の匂いがし始め、夏休みをたっぷり取ることのできる人々は、今年の夏の旅行などに思いをはせておられることでしょう。もう、行っちゃった人もいるわけだし。

▼今のぼくのささやかな旅への期待。それは伊勢へ行って、伊勢ウドンを食べ、おかげ横丁で赤福を食べて、ふううっとひと息。長腰掛けなんかに座って青い空を見上げていたい。てなもんです。伊勢なら十分日帰りで行けるし。ささやかすぎて涙が出ます。秋には尾瀬へまた行こう、というのがわが妻かおりさんとの約束ですが、どうなることやら。

▼最近、そろそろ仕事を辞めた後のことを考えていたりします。あと10年もすると否応なくサラリーマン生活が終わるわけでして。そのとき自分はなにをしたいのだろうと。実際には仕事以外のことならやりたいことがたくさんあって困るほどなのでありますが。忙しい時間のほんの隙間で、そんなことを考えております。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »