« 最近良く行く「くじら軒」 | トップページ | 子供の笑顔 »

京都錦小路通り

▼京都に日帰りでした。京都の町名は多くて、京都の人は子供の頃から町名を覚えるための数え歌のようなものを唄うのだと、地元の人に聞きました。碁盤の目のようになっている通りひとつひとつに名称があり、縦横の通り名を重ね合わせて位置を示すことができるだけに、通り名を覚えることが、京都で生きていくためにはまず必要なことなのでしょう。

▼当然、ぼくなど京都にほとんど縁のない人間には、判ろうはずもありませんが、一昨年わが妻かおりさんと行った四条河原町あたりは判ります。四条通りの北側に錦小路通りという狭い道があり、地元では錦市場として愛されている路地があります。


060616

▼狭い通りの両側にたくさんのお店があり、地元の人や観光客がそぞろ歩いておりました。ぼくはもともとそういう場所が大好きでして、こういうところには住み着いてしまいたくなります。ついでにその通りを覆うアーケードの屋根がやたら綺麗だったのでなおさら楽しくなってしまいました。

▼なにか気の利いたものを食べてこれれば良かったのですが、京都の漬け物を買ってくるのがやっとでありました。それにしても京都の漬け物屋は多い。錦小路にもいろいろな漬物屋がありまして、年若い女子高生が一生懸命試食などやっておりました。さすがに京都の女子高生は漬け物好きか、と思いましたが、地元の人曰く、あれは修学旅行の女子高生だ、とのこと。さもありなん。でも、漬け物をお土産にするとは、偉い。

|

« 最近良く行く「くじら軒」 | トップページ | 子供の笑顔 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都錦小路通り:

« 最近良く行く「くじら軒」 | トップページ | 子供の笑顔 »