« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

味芳斎の牛どん(牛肉飯)

▼東京芝大門にある味芳斎という中華料理の店へ渡部さんに連れていってもらった。牛どんを食べるのが目的である。

051129-1
051129-2

▼ここの牛どんは辛い。でもってエスニックな味である。吉野家の牛丼を連想しているととんでもないことになる。牛肉は3センチ大の角切り。黒いような赤いような味噌のようなタレにまぶされて、煮付けられてやわらかい。このタレが辛い。付け合せにモヤシとにんじんが乗っかっており、パクチーがてっぺんに鎮座している。だから、日本食ではない。中華?タイ?ベトナム?いや。カンボジア?インドネシア?いったい、これはどこの国の食べ物なんだ?なんとなく熱帯雨林系ではある。食べていると汗がタラーリタラーリと出てくる。

▼今日は、東京に来てとあるセミナーに出席。夕方渡部さんと待ち合わせし、味芳斎にいった。夕方6時くらいに店にはいったわけだが、すでに幾組かの客が料理をつまんでいた。ぼくたちはビールを少々。ぼくだけ紹興酒など飲みつつ、牛どんを食べる。汗をかきながら一気に食べた。実はぼくはこの牛どん、2回目である。初めてのときは食べ切れなかったような記憶がある。辛いのとクセがあるのとで、すべてを食べきれない。しかぁし、今日は違う。カラダがこの特徴ある、アジアの食べ物を欲していたのか、問題なく完食。美味かった。まだおなかのあたりがポカポカしております。薬膳ですね。渡部さん、ありがとうございました。

▼大門から都営大江戸線で新宿。ちょうどわが妻かおりさんのお仕事が終わったころだったので電話し、新宿駅で待ち合わせして家に帰り、茶など飲んでおりました。今月はキャンプに一回行ったはよいけれど、その後、ほとんど休みらしい休みが取れてない。牛どんパワーで元気だしていきましょう。明日は幕張だぁー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香炉に火をいれて

051127

▼陶器を焼いて生活している友人がいて、最近の彼の作品のひとつ、香炉。エメラルド色に輝いた表面を海に見立てて、魚が泳いでいるような文様が飾られている。実は彼の芸風は昔からもっと渋い色合いのものが多く、このような色合いは珍しい。

▼ともあれ、今日は朝から部屋の掃除をし、ようやく終わってちょっとひと息。香炉に火をいれます。部屋に香が漂います。茶などいれて音楽を聴きます。ココロ落ち着く瞬間です。…しかし、洗濯機の音がうるさいです。さて、少し落ち着いたら今日もまた午後から仕事。長野県富士見町に行きます。蕎麦食べている暇ないだろうなあ。ふうぅ、忙しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スパ・ガーラでひとっ風呂

▼今日も仕事でした。で、夕方、職場の人々と近くにあるスーパー銭湯「小牧天然温泉スパガーラ」に行きました。ここは24時間営業のスーパー温泉で、内部には食堂、宴会場、マッサージ、ゲームセンターとおよそのものが揃っております。楽しめます。今日は土曜日ということもあり、家族連れの客で大にぎわいでありました。

051126

▼銭湯とはいえ、湯船はなかなか充実しております。薬湯、サウナ、露天、ジャグジー、プールなどいくつもあり、子供たちはプールで泳いでいたりしております。ぼくらはひとっ風呂浴びてから宴会モード。広い食堂もほぼ満席。ビールを飲み、手羽先だの、唐揚げだの頼んで結構飲んで食べました。で、入場料込みでひとり4000円くらい。遠出をしなくても、ここで結構楽しめます。大人も子供も楽しめます。

▼ところで、このところ毎日嫌な事件が起きています。今日行った銭湯。子供たちが一杯きていました。ゲームセンターで遊んだり、湯船で遊んだりしていました。元気です。つぶらな瞳が綺麗です。ぼくの子供たちも小さい頃は、今日の彼らと同じでした。今、彼らをみて思うこと。大人達が子供を守らないといけない、ほんとうにそう思います。子供を大事に大切に育てたい。風呂に入りながら、なんだかしんみりとしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストーブ点けっ放し注意報

▼焦るとだめです。今朝、8時前の新幹線に乗らなくてはいけないのに、寒くて布団のなかでウダウダし、ストーブを点けて薬缶をかけ、お湯を沸かしてコーヒーを、なんてことをしていたら、時間がなくなってしまい。結局焦って家を出ることになった。バタバタと駅に走りこみ、名鉄電車に乗り名古屋駅。そしてワサワサと切符を買って新幹線に乗りこみ。なんとか予定通り東京へ向かうことができた。ここまでは良い。

▼席についた。やれやれ、なんとか間に合った。ほっとしたその瞬間。頭の中に声が響いた。「おい、ストーブ消してきたか?」

▼通常の朝、というか普段、ぼくの行動のパターンというものは決まっている。朝、起きる。最近は寒いのでストーブを点ける。薬缶を載せる。Macを立ち上げる。顔を洗う。もどって乳酸菌飲料を一本飲む。Macに組み込んであるテレビをつける。TBSの朝ズバ!を見る。パンなど焼いているとお湯が沸く。コーヒーを入れて飲む。時間がきたら着替えて歯を磨き、ストーブやら火の元を確認。消火よし!消灯よし!ウォシュレットOFFよし!ゴミ無し!鍵よし!指差し呼称で確認して完了。晴れて出勤の途につく。

▼おおよそパターン化されたぼくの行動なので、大体記憶は残っている。しかし、焦るとだめです。なにか忘れる。記憶が無い。はて、覚えていない。突然不安が募る。火消したかなあ、電気消してきたかなあ、ウォシュレットOFFにしてきたかなあ、鍵かけてきたかなあ。…

▼まして今は新幹線の中であります。いまさらどうにもなりません。アパートが火事になっているかもしれない、などと考え始めるとどうしようもなくなり、必死にストーブを消したかどうか思い出そうとします。いつもなら、消火ダイヤルを回した記憶がどこかにあります。記憶の粒がひっかっています。しかし今日はそれがないのでありまして。まったく、どうにもなりません。いや、自分のことだ、いつもの行動をキチッとやっているはずだ。ここはいつもの自分に賭けよう。

▼さて、夜、家に戻ってきました。鍵、ちゃんとかかってました。ウォシュレットOFFになってました。電気消えてました。ストーブ。…灯油なくなってました。タンクの灯油はしっかり燃え尽きておりました。……(- -; おかげで空焚きできました。よしよし…って、言ってる場合じゃない!なにもなくて良かった良かった。ふううぅ………。焦ってはいけません。焦りは禁物。

▼ちょっとの間、呆然としておりました。そのあとで、ストーブに灯油を継ぎ足し、部屋の状況およびココロをいつもの状態に戻し、Macを立ち上げ、セイミンさんのアドバイスを見まして、ギンナンを封筒にいれてレンジでチンしてみました。…バン!!中でギンナンいきなり破裂してます。びっくらこいた。精神に良くないです。ふうぅ…。でも味は良かった良かった。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ギンナン貰った

▼今日もよく働きました。あれこれあれこれと溜まった仕事に追いまくられ、ふと気が付くともう陽が落ちているという気ぜわしさ。そういうとき、まあ良くやったな、と思える場合もある。さらに、今日のように、思いもかけず食べモノなどをいただいたりすると、とたんに幸せ感が倍増する。単純。

▼キウィとギンナンをいただいてしまった。季節のお裾分けである。キウィはしばらくリンゴと同じ箱に入れて放っておけば美味しくなるということだ。一方、ぼくはギンナンの食べ方というか、この固い殻の処理の仕方が判ってない。とりあえず金槌かクルミ割り人形で、バキッと割ってしまえばいいかな。で、中味はフライパンでコロコロと炒ったり、串揚げにする手ですね。ともあれ近々には挑戦しようと思います。それにしても、このギンナン。とても綺麗です。このまま飾っておいても良さそうです。

051124

| | コメント (3) | トラックバック (0)

マグロ丼でした

▼おととい北陸からもどり、昨日、朝一番の新幹線で東京へ。その日は一日東京で仕事。夜遅くなったので家(狛江)で泊まり、今朝ふたたび早々の新幹線で愛知に戻りまた仕事。あっという間に夕方に。はて、夕食をどうしよう。魚が食べたい。と、小脳か大脳かよくわからないけど、そんなことを言っている。で、スーパーでトンボマグロの柵が安かったので、一本購入。

▼先日キャンプに行ったときに汲んできた山の水で飯を炊き、酢飯をつくる。酢飯はすこし冷ましておく。トンボマグロは、適当な厚みに切り、別の器で醤油のズケにしておく。どんぶりに少し酢飯をよそい、ズケにした刺身をご飯にのせる。そして、その上からまた酢飯をのせる。で、またマグロ。大葉の千切りとガリをトッピングして、さらりとわさび醤油を垂らして、いただきます。美味い!

▼あんまり美味しいもので、写真撮るの忘れました。やれやれ。ふう~ぅ、実にほっとするひと時であります。明日は愛知、明後日は東京。で、またとんぼ返りで土曜日はまた愛知で仕事です。楽しみは食べることと、この前買ったフカフカの敷布団の上で寝ることであります。キャンプ日誌が書けません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸の味 かにすし

▼日帰りで北陸へ。名古屋からだと鉄道をつかっても案外早く北陸に行ける。東京からだとどうしても飛行機になる。しかし、名古屋からはその距離感ではない。近い。時間にゆとりがあればゆっくり蟹でも食べられそう。ところが、今日は日帰り。ゆえの悲しさよ。日本海の味を楽しむ間もなく、帰りの電車に飛び乗るはめに。

▼せめてなにかと思い、駅で駅弁「かにすし」を見つけた。これだ、と缶ビールを一緒に買って特急列車の席に着き、やれやれ。さっそくビールを飲んだら寝てしまった。で、結局弁当を食べることができず、家まで持ち帰ってきて、今食べてます。

051121-1
051121-2

▼見た目は大きな弁当ですが、中は以外にこぢんまりしており、およそ4センチ角の押し寿司が12個入っておりました。蟹の身はけっこうたくさんあり、ご飯の味もちょっと甘めの関西風。しみじみと美味しいなあ。今やっと、ほんの少し北陸の味を楽しんでおります。ああ、しかしもっとゆっくりできたら良かった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

キャンプで五平餅

▼今回のキャンプでは、ジンギスカンの他に、五平餅を焼いてみました。五平餅というのは東濃(東美濃)から木曽の地方で食べている郷土料理のひとつです。ご飯を団子にして(地方によっては平べったく伸ばして)、串に刺し、表面をこんがり焼いてから、醤油、砂糖、クルミ、胡麻などで作ったタレをまぶしてできる、とても美味しい食べ物です。

▼ぼくの郷里でも、なにかにつけ五平餅が食卓に並んだものです。そんな五平餅をつくります。

051119-2

▼まず、ご飯を軽く潰して団子状にし、串に刺してじっくり焼きます。今回は七輪で焼きました。そのあと、タレにつけて表面を炙ります。これで出来上がり。

051119-3

▼タレは、恵那駅前の五平餅屋さんで買ってきました。クルミが入ったタレで、ぼくの実家の味に近いもの。美味しいです。ほんとうは、このタレを作るところからやるのが本格的な五平餅。各家庭それぞれの味があります。でも、このタレのおかげでとても良い味の五平餅ができました。またやってみよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

キャンプでジンギスカン

▼昨日、今日と、岐阜県恵那市にある保古の湖キャンプ場に行き、キャンプ仲間の渡部さん、ライダーさん、HOPEさんと「親父ソロ」キャンプ。静かな森の中のキャンプ場でジンギスカンをやってきました。鍋と七輪は、先日購入したばかりの新品。さて、上手くいったでしょうか。

051119-5

▼お昼前に到着して思い思いにテントを張り、さてジンギスカンの準備です。炭を熾し七輪に入れます。今回新調したジンギスカン鍋に合う炭の量の加減が判らなかったのですが、なんとかそれは修得。さて、最初に脂身を鍋で焼き、油が十分回ったところで、野菜を鍋の周囲に敷き詰めます。そしておもむろに肉をてっぺんにドンと載せ。ジュウジュウと焼きまして。

051119-4

▼さあ、食べましょう!ベルのタレをつけながら、食べます。絶妙の美味さです。肉の油と野菜が実に良く合います。このタレと肉はまことに良い相性です。さすがベルのタレ。美味い!4人でおよそ1キロの肉を食べました。まだ余ってます。キャンプの模様は追って「テント生活」にて。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

今年のボジョレの味

▼解禁日に買ったボジョレを飲みました。ジンギスカンを食べつつ、キャンプ場で味わいました。

051119-1

▼匂いは普通。ちょっと葡萄の匂いが強かったかも。渋味は昨年並み。甘みは昨年より弱いかな。デカンタしてみると、軽さが増して飲みやすくなりました。ジンギスカンに合わせると、渋味がちょうど良い感じでした。昨年より出来が良かったのはイタリアだけかも。去年と比較して、特に素晴らしいというような印象は持ちませんでした。

▼それより、キャンプ場で食べたジンギスカンのほうが美味しかったかも。写真は昨日のキャンプ場。さあ、これからジンギスカンを食べるぞ、と気合いたっぷりの瞬間です。その直前にボジョレを賞味してみました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ジンギスカンの思い出

▼ベル食品の通販でジンギスカン用のお肉とタレが届いた。明日食べます(^^)Y

051118

▼ジンギスカンには良い思い出がある。ぼくが20歳のとき。いまから30年も前になる。夏だった。ぼくは仲間と北海道を旅した。まずは山だ。富良野の町、麓郷を抜けて原始が原というところから富良野岳に登り、十勝岳、美瑛岳、美瑛富士、オプタテシケ、と北上し、神が住むという黄金が原からトムラウシ、化雲岳、雲上の楽園といわれる五色沼から、忠別岳、そして大雪山に至るコースを歩いた。でかいキスリングを背負って、誰もいない山をおよそ10日間くらいひたすら歩いた。

▼層雲峡に下山してから、今度はヒッチハイクをして北海道を回った。ぼくと親友二人は、他の仲間と別れ道東に向かった。帯広から釧路へ、稚内から知床を回り、ようやく阿寒湖に到着した。富良野からスタートして、その後何日経っていたか良く判らない。金がないので野宿をしながらの旅だった。阿寒湖では湖畔のキャンプ場にテントを張った。

▼金がほとんどないので、飯もまともに食べられなかった。一日2食くらいに押さえていたような気がする。空きっ腹をかかえてぼくと親友は、もはやなにするともなく、テントの前で座っているだけだった。ほとんど気力も失せていた。ちょうど休日だったのだろう。その日は朝から家族連れがキャンプ場にやってきた。そしてどこのグループもみな、ジュウジュウと焼肉を始めた。

▼いい匂いがキャンプ場のそこかしこから漂ってきた。ぼく達はもう、どうしようもなくなってテントに隠れ、ときどき中から顔を出し、そしてまたひっこんでゴロリと横になるしかなかった。しばらくすると、大体どこもバーベキューが終わり、喧噪が引けた。食後の時間というおもむきだった。そんなとき、ぼくらのテントの真横でやっていた家族の親父みたいな人がやってきた。

▼「いやいやいや、あんたたちどっからきたのさ。よかったら、こっちきて肉食べれぇ」というようなことを言ったと思うけど定かでない。でも、残り物だけど食べていけ、というようなことだったと思う。残り物と言っても、ぼくらには十分すぎるくらいの量の肉と野菜だった。

▼そのときの焼肉が「ジンギスカン」だった。タレは自家製だといっていた。ぼくらはガツガツと本当に飢えた犬みたいに、残り物を食べた。美味かった。ほんとうに美味かった。感激して涙が出るくらいだった。ビールも飲ませてもらった。あの時の親父さん達のやさしさが身に染みた。そしてジンギスカンの味も。

▼それから大人になって北海道に何回かいった。その都度、ぼくはジンギスカンを食べた。でも、あの時のような味はしなかった。ただ、ベル食品のタレ。これが少しあの時のタレの味に近い感じがした。だからぼくは、ジンギスカンといえばベルのタレなのである。この味はぼくの青春の味なのである。

▼さて、明日。このタレでラムとマトンを食べます。それはどんな味でしょうか。楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今年のボジョレです

▼本日が解禁ということで、お約束のボジョレを東京駅大丸で買ってきました。どういうわけかこの季節、東京に行くことが多いのですね。でも、今年は新幹線の中で飲んだりせず、ちゃんと持って帰ってきました。この週末、飲むつもりです。

051117

▼去年よりも今年の方が葡萄の出来は良いみたいです。実はあまり知られていないのですが、イタリアワインの新種の解禁日が11月6日でした。実は、それはもう飲んでます。メルロー種のものが甘くて美味しかったですね。さて、フランス、ボジョレーのワインはどうでしょうか。昨年と同じ、ジョルジュ・デュブッフのものを買ってみました。葡萄はガメ種というもの。去年のものはやや渋、やや甘で、美味しかったのですが。(昨年の記事参照

| | コメント (0) | トラックバック (0)

友達がテレビに

▼だいたい、テレビというものをいつも見ていたりするのだけど、あれは別世界と思っている。しかし、そこに知人が出ていたりするとちょっと違う。

▼今日、たまたま、ホントに偶然。チャンネルを変えていたら、切り替わっている途中に字幕がでて、それが人の名前だった。知っている名前だったので、画面をよく見たら、写っているのが知人。

▼出ているのは少しの間だったけど、結構楽しめる。今度会ったらその話しよう。不思議なこともあるもので、今日はぼく自身も会社関係のビデオ撮影があって、ほんのちょっとだけ出演。カメラの前で喋るのは結構緊張したりして。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ジンギスカン鍋です

▼今週、ライダーさん達と保古の湖へキャンプをしに行くわけなのですが、今流行りのジンギスカンをやろうかと思いまして、七輪を新しくしたのを機に鍋も新調。七輪は「三河の黒七論」です。

051115-1

▼黒七輪はボディが2重構造になっており、ちょっと重みがあります。その分蓄熱効果もあるようです。鍋は南部鉄。直径はおよそ30センチあります。すでに焼肉などやってみて、油をなじませてあります。

051115-2

▼さて、後はこれでジューシーなラム肉をジュウジュウ焼いて、油の染みた野菜をハフハフ食べるだけです。うまそ〜!たまりません。ちなみに、ラムとジンギスカンのタレは、あの「ベル食品」の通販で注文しましたが、まだ来ない(不安)。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

鍵、忘れた…

▼東京から静岡を経由して愛知のアパートに戻ってきたのが今日の夜。さっきのこと。で、アパートの部屋に入ろうとして、突然閃いたようにぼくの頭の中で叫び声が聞こえた。鍵がない。

▼東京に戻ったのが先週の木曜日。アパートのドアの鍵、いつもはカバンの決められたポケットに入れてあり、カバンを持つたびになんとなくそこに鍵があることを感じたりしている。頭のどこかに鍵とか財布とかクレジットカードのことなどは、つねにある。RAMに書かれてある記録が、微弱電圧を常にかけ続けているおかげで消えないのと似ている。

▼しかし、この2〜3日。鍵のことをすっかり忘れていた。電圧が切れていた。で、ようやくアパートのドアを目の前にして電圧がかかった。その瞬間。鍵をどこに置いたままにしたか思い出した。東京の家のあの場所。そう、鍵は今、ここに無い。カバンを確かめた。やっぱり無い。鍵を持ち始めて3年になるけれど、こういうことは初めてだ。アパートに入れない。

▼まあ、そんなことしょっちゅうあるわけは無いのだけど、なにかあったときのために、合い鍵を会社に置いてあった。で、電話して、まだ居残っていた会社の同僚に持ってきてもらった。本当は、途方に暮れてどこかのホテルを探し歩いて、なんてストーリーがあるといいのかもしれませんが、そんなことのないように一応備えをしていたわけです。というか、実はこの合い鍵、ひょっとして朝になってもぼくが会社に顔を見せず、連絡も無い場合は、無断で家に入ってきてもらうためのものなんです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久々の飲み会

▼11日の金曜日、久しぶりにキャンプ仲間で飲み会。テールウォーク夫妻の結婚20周年と、ぼくとわが妻かおりさんが25周年をお祝いし、セイミンさんの快気祝いもかねての開催。賑やかで楽しい飲み会でした。2次会はいつもの通り新宿しょんべん横丁でありました。

051111

▼このメンバー(だんだん増えてきているけど)とキャンプに行くようになったのは、95年くらいから。96年はほぼ毎月キャンプに行ってました。今その歴史を振り返っているところです。1月の浩庵キャンプ場「星はなんでも知っている』に始まり、青の原デイキャンプ、厚木オフ、ニフティキャンピングフォーラムの全国オフ、富士オフ屋台村、伊那谷オフ、道志での多摩オフ、乗鞍オフ2、富士オフお月見、彩の国紅葉オフ、西富士キャンプ、年末富士裾野キャンプと続いていきます。そのうち『テント生活』におよその全貌は復活掲載する予定です。時期は未定ですけど。

▼そんなキャンプをしているうちに子供達はあっという間に大学生になったり、高校生になったりして話題を提供してくれます。ぼくたちもそれなりに歳をとってはいるのでありますが、もう10年経ってしまったという感じがしないところがいいですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

継鹿尾山にいったのですが…

▼ふいに時間がとれたので、天気もいいことだし、家からとても近いところにある継鹿尾山(つがおやま)に登ってきました。継鹿尾山というのは、愛知県犬山市の北にある標高273メートルで、東海自然歩道が通っている、そこだけポツンと自然が残っているような場所にある低山です。ぼくの家(愛知県岩倉市)から名鉄電車で25分も行くと最寄り駅の名鉄善師野にいくことができます。思い立ったらすぐ行動。ザックを背負って出かけました。

▼無人駅善師野で降り、寺洞という集落を歩いていくと熊野神社があり、いい天気の里をいい気持ちで進みます。すぐに森に入り、しばらく行くと大洞池に出会います。森の中にある静かな池で、小さな魚が群をなして泳いでおりました。

051105-1

▼写真をクリックして拡大すると魚が見えると思います。そこからまた森の中を進んでいきますと、稜線に出ます。道は丹沢のように綺麗に整備されており、とても歩きづらい(^^; 階段状に整備された山道ほど歩きづらいところはない。でも、小さなピークを越えるたびに視界が開け、遠くが見通せるようになります。

051105-2

▼最後のピークを越えると継鹿尾山のピークに出ます。ここから濃尾平野と犬山の街を見下ろすことができます。ぼくは一汗かき、ようやくエンジンがかかってきたくらいです。歩き始めて1時間20分でした。ベンチで小休止。おにぎりを食べました。そのとき…。

051105-3

▼ふとベンチの上に目がいきました。そこに…。だれかの落とし物というか忘れ物。貴金属がありました。まいったなあ。その場に居た人達に聞いてみましたが持ち主は見あたりません。かといって見つけてしまった以上、放っておくわけにいきません。山を下り、犬山遊園駅まで来ましたが交番は見あたりません。

▼結局、犬山警察署まで出向き、届けてきました。ふう、やれやれ。結構歩いたなあ。一ヶ月ほど何もしないでいたぼくのカラダは相当鈍っています。いま、足腰が痛いです。しかし、なかなか良い山ですね継鹿尾山。今度は冬に行こうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうアウトドアコーナーは…

▼今日、何店かホームセンターとスポーツデポ(旧アルペン)に行ったのですが、どこもアウトドアのコーナーはほとんど無くなってました。あっても、ひと坪くらいのスペースで、古くなった木炭なんかを半額でたたき売りしている程度がほとんどです。寂しくなったものであります。

▼ということはシーズン仕舞いのセールは終わったということでありますね。特に買うものもないけど、なんか残念な気がしてます。実は、七輪を買い換えようとしております。で、近所を探し回ったわけですね。が、良いモノがなく。通販で手に入れるしかないようです。

▼で、家に戻り通販を検索しまくって、目当ての七輪ではなくて、なぜか敷き布団を買ってしまいました。これで、3年にわたったシュラフ生活にさようならができる、と喜んでみたものの、なぜ敷き布団だったのか。ま、いいではないか。七輪はまた後で。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »