« 空港が引っ越して | トップページ | 労働力調査というのがあって »

松田聖子巻き…って

▼名古屋にはいろいろ楽しい食べ物がある。あんかけスパ。台湾ラーメン。みそかつ。そのほか、とにかくやたら不可思議なもの。で、今日は松田聖子巻きです。


050227-1

▼寿司なのです。とある名古屋の寿司屋です。その店のメニューはとにかくほとんど理解できません。で、店の大将に聞いても教えてくれません。だから注文するしかないわけです。なんで松田聖子巻きなのか。考えている間が幸せです。名前の由来が判ったら…はっきり言って怒ります。

▼次に注文したのはドラゴン巻きです。…でもこれは、食えません。なんでドラゴンなのか。ドラゴンは火を噴きます。そのまんまです。ぼくはまったく食べられず、ほとんど残しました。


050227-2

▼はっきりいって怒ります。とにかく…でも、これ寿司なのです。いえ、寿司とは言えません。中味が問題です。一緒にいった友人は、「なんで寿司屋にタバスコがあるのだ?」といっていました。

▼次に来たのは不感症巻きです。なんで不感症なのですか?聞いても教えてくれません。


050227-3

▼で、ひとくち、食べてみます。ブリとマグロとなぜかタコが入ってます。海苔巻きです。で、不感症?。…なるほど。なにかが足りません。…うん、この理由は洒落てます。判ったら怒ります。でも、そのセンス。いけてます。味もまあOKかも。こんな店の親父が考えた割にはなかなかいいかもです。

▼とにかく、名古屋の味というか、お店というか。これ確かに面白い。味わいあります。

|

« 空港が引っ越して | トップページ | 労働力調査というのがあって »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松田聖子巻き…って:

« 空港が引っ越して | トップページ | 労働力調査というのがあって »