« 日本シリーズ第6戦 | トップページ | そうか、京都へは »

日本シリーズ最終戦

▼3回表西武の攻撃。ピッチャー、ドミンゴがボークを取られて2アウトでランナー3塁となった。打者は佐藤。粘りに粘って打ったボールはピッチャー強襲の打球。球を取ろうと必死に差し出したドミンゴのグラブ。わずかにそのグラブにあたったボールは、転がるべきコースを変えた。自分の予測したボールの逆をつかれたセカンド荒木。名手でもこれをさばききれず、送球がわずかに遅れ、ファーストはセーフ。3塁ランナーが帰り1点先取された。

▼さらにその後、またもヒットを打たれて2アウトのままランナー1,2塁。続く打者はフェルナンデス。すかさずセンター前ヒット。バックホームは間に合わず2点目が入る。オーバーランした打者走者のフェルナンデス。キャッチャー谷繁がボールをショート井端に送球。フェルナンデスを一二塁間で挟む。挟み撃ちでアウトを取ればチェンジのはず。しかしこの後、またも信じられない事がおきた。

▼ファーストに送球しようとした井端の投げたボールがフェルナンデスの背中に当たった。転々と転がるボール。この間にランナーがホームイン。3点目を失った。

▼悪夢はまだ続く。ドミンゴを諦めた中日ベンチ。2番手に第4戦で好投した山井をマウンドに。バッターはカブレラ。2球目。外角低めに行くべきスライダーがど真ん中に吸い込まれるように入る。見逃さずフルスイングしたカブレラ。打球はレフトスタンドに届きホームラン。中日は続けざまに5点を失う。

▼あの時、ドミンゴのグラブに打球があたらなければ、素直なセカンドゴロとなって、3回表は終了していたはず。フェルナンデスにボールが当たらなければ、3点で終わっていたはず。今日の試合のポイントは、この一打から始まった起こりえないことの連続にあったように思う。神のいたずら。万にひとつの確率のことが起きた。その現場をぼくらは目撃したのだと思う。

▼中日打線は、意気消沈。逆に西武打線は伸び伸びと、この後もヒットを飛ばす。勝負ありだ。このリベンジを来年に、と思うが、なかなかそうはいかない。またひとつひとつを積み上げて、来年のこの場所にやってこなければならない。その道は長い。中日ナインは、今日の試合をどう振り返り、そしてどう再出発するのだろうか。それを見ていたい。

|

« 日本シリーズ第6戦 | トップページ | そうか、京都へは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本シリーズ最終戦:

« 日本シリーズ第6戦 | トップページ | そうか、京都へは »