« 夕焼け | トップページ | 新幹線で名古屋へもどる途中 »

U−23練習試合韓国戦

▼今日のメンバーはぼくの予想メンバーとほぼ同じ。小野に田中、石川に徳永が入った布陣だった。で、試合。鉄壁のDFラインが信頼に足るということを再認識。問題なし。得点できなかったのは残念だが、まあ、良かったかなあ。最初はしっかり守って速攻をかけるという意図だった。

▼というのも、トップ下の田中は球を回してチャンスを作るタイプではない。従って、前半はなかなかシュートも打てなかった。後半、松井に替わってから攻撃のパターンがガラリとかわったけれども、あのカタチを小野なら前半から仕掛けることができる。

▼後半は石川を投入したが、やはり中盤のタメがないので、今ひとつ攻撃にリズムがなかった。トップ下の司令塔が必要で、今後、その位置に小野が来れば幅のある攻撃ができそう。そういった日本チームのカタチが見えてきたのが、今日の収穫だったように思います。

▼ちなみに、昨日のA代表のオマーン戦は見れませんでした。新聞を見たところ俊輔が得点して1点を守りきったようですが、どうも相当押し込まれていたようですね。A代表はDFラインを押し上げてコンパクトな攻撃体勢を取るというのがパターンだと思うのですが、一体中澤はどうしてしまったのでしょうか。いずれにしてもまだまだ予断を許さない、というところでありましょうか。

|

« 夕焼け | トップページ | 新幹線で名古屋へもどる途中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: U−23練習試合韓国戦:

« 夕焼け | トップページ | 新幹線で名古屋へもどる途中 »